日本酒専門店

Sake芯

油長酒造株式会社

 

果実感のある旨味とシュワシュワッとした口当たりが素晴らしい「風の森」

 

2022年4月から一部値上げになりました。

 

奈良県御所市にある蔵は、創業1719年、以来300年を超え日本酒を造り続けてきました。歴史の古い蔵ですが、社長さんをはじめ杜氏さん蔵人さん全員20歳代から30歳代と、若いスタッフで酒造りに励んでいます。

 

1998年に地元の米を使った、搾ってそのままの生のお酒を、地元の人々に飲んでいただきたいという想いから、風の森は始まりました。名前は、御所市内にある地名「風の森峠」に由来します。
風の森は、ブドウやバニラなどの果実の香りと、フレッシュな果実味、シュワシュワした微発泡感が素晴らしい新感覚のフルーツ系日本酒です。 年間を通じて無濾過無加水の生酒を生産しています。

 

発泡性のあるお酒が生まれた理由

風の森は発泡性があることで知られていますが、そもそも発泡性のあるお酒を造ろうとしたのではなく、劣化しないお酒にするため試行錯誤の結果行きついたのが、発酵の際に発生する炭酸ガスをお酒に閉じ込める方法です。お酒にあらかじめ炭酸ガスが封じ込められていると酸素が入り込む余地が少なくなり、酸化しにくく劣化に強いお酒になります。また劣化を防ぐ様々な工夫や最新の設備により劣化に強いお酒が生まれます。

 

 

仕込み水

金剛葛城山系の深層地下湧水を汲み上げた硬度250の超硬水で、地下100mより汲み上げた仕込水は、鉄分・マンガンをほとんど含まない酒造りに最適な水質です。

 

商品再編と名称変更

 

2020年から商品の再編と名称の変更をおこないました。

 

風の森 秋津穂 657

風の森シリーズの中心となるお酒。1998年に風の森が始動し、全ては風の森峠の秋津穂米から始まりました。風土を醸す、風の森の代表酒。

 

風の森 507シリーズ

お米をたくさん磨いてデリケートに発酵を進め、滑らかな質感、豊かな果実味を最大化したシリーズ。

 

風の森 807シリーズ

お米をあまり磨かず大地のエネルギーを発酵に活かし、豊かな複雑味を最大化したシリーズ。

 

50・80・65は精米歩合、7は使用する自社培養7号系酵母を意味します。

 

2018年から風の森全ブランドを720ml化しました。

 

720ml化により風の森定番商品の安定した供給を図り、開栓後の風味を損なわずに楽しめるようになります。

 

空気に触れない搾り方を独自に考案

 

氷結採り(ひょうけつとり)


氷結採りとは油長酒造さんが独自に設計した発酵タンクで、モロミをタンク内で日本酒と酒粕に分離する技術です。
例えば活性酒は栓を開けなければ密閉されたビンの中で比重の重いオリの部分は沈殿し比重の軽い上澄みの部分が分離しています。 このような状態をタンクの中でつくりだし、上澄み部分を分離すれば搾る機械を一切使用することなく日本酒を分離できる革新的な技術です。

 

笊籬採り(いかきとり)


笊籬採り(いかきとり)は油長酒造さんが独自に考案した搾り方で、
タンクに円柱状のスクリーンを沈め浸透してきたお酒を汲取る方法です。
笊籬採りで汲んだお酒は、無加圧に近い状態で、空気に触れないため溶存酸素濃度が低く、また他の搾り機と違いお米の粒が潰れないので、香味を損なうことなく、よりピュアーな酒質になります。

 

 

油長酒造ホームページ

 

 

 

風の森  商品一覧

 

風の森 愛山 807 真中採り

バナナにブドウと青リンゴをミックスしたフルーツ香で丸い口当たりのキュートな甘味がふくらみ酸を伴って穏やかに引いていく素晴らしいお酒です。

真中採りとは、搾り機の圧力をかける前の無加圧の部分を集めたもので、口当たりは柔らかく香り豊かなお酒です。

香りはバナナにブドウと青リンゴをミックスしたフルーツ香で、含むと丸い口当たりのキュートな甘味がふくらみ、酸を伴って穏やかに引いていき、アフターはエッジイな酸と甘味の余韻が長く続き素晴らしいです。
二口目は厚みのある果実のような甘味がふくらみ、温度が上がると果実味に柔らかい表情が加わり美味しいです。

二杯目は酸が甘味を伴って広がり、やがてシルキーな酸に果実感のある甘味がふくらみ、温度が上がるとしなやかで優しい果実味が素晴らしいです。

三杯目になるとシルキーな酸にキュートな甘味がふくらみ、次第に果実味に柔らかさが加わり、温まると甘味が増し柔らかく優しい味わいになります。

杯が進むと酸のキメは益々細かくなりビロードのような舌触りになります。温まると柔らかい甘味が果実味を含んで優しくふくらむ味わいが素晴らしいです。

2021BY、原材料:米・米麹、純米奈良酒、酒米:兵庫県産愛山、精米歩合:80%、アルコール:16度、酵母:7号系、無濾過無加水生酒、発酵日数32日、真中採り、春タンク

 

720ml  1,760円(税込10%)

風の森 愛山 807 真中採り

風の森 愛山 807 真中採りlabelbacklabeltag

 

風の森 秋津穂 507

マスカットにデラウエアをミックスしたフルーツ香で極キメ細かい酸にクリーミーな香りを含んだ甘味が艶を帯びてふくらむ素晴らしい傑作酒です。

風の森秋津穂507春仕込新酒が入荷しました。

開栓時プシュースポッと音がしかなりガス圧は強いです。
香りはマスカットにデラウエアをミックスしたフルーツ香で、含むと極キメ細かい酸にクリーミーな香りを含んだ甘味が艶を帯びてふくらみ、フィニッシュ間際に優しいニュアンスの飲み口になり、アフターは香りを帯びた酸が余韻となり素晴らしいです。
二口目はシルキーな酸に甘味がバランスしフェミニンな雰囲気を漂わせ、温度が上がると優しくしなやかでどことなく軽やかな飲み口が良いです。

二杯目は切れのある酸が広がり、次第に酸は減ってしなやかで優しい果物のような味わいが素晴らしいです。温度が上がるとしなやかな中に優しい酸が広がり安らぎを覚えるような味わいになります。

三杯目になると甘味の立ち上がりと酸の広がりのバランスが良く、甘酸っぱくしなやかな飲み口で、温まると厚みのある果実味を感じるようになります。

杯が進むと優しい甘味に酸が広がり、やがて厚みのある柔和な飲み口になり、温まるとしなやかで軽やかな味わいになります。

2021BY、原材料:米・米麹、純米奈良酒、酒米:奈良県宇陀産秋津穂、(栽培者:大西正和)精米歩合:50%、アルコール:16度、酵母:7号系、無濾過無加水生酒、発酵日数32日、春タンク

 

720ml  1,760円(税込10%)

風の森 秋津穂 507

風の森 秋津穂 507labelbacklabeltag

 

風の森 秋津穂 807

香りはブドウにマスカットやバナナをミックスしたフルーツ香で、含むとフルーツ感のある甘味がふくらむ素晴らしいお酒です。

秋津穂を80%精米した風の森秋津穂807春仕込新酒が入荷しました。

栓を抜いた瞬間にスイートなフルーツ香が漂ってきます。
香りはブドウにマスカットやバナナをミックスしたフルーツ香で、含むとフルーツ感のある甘味がふくらみ、後から辛味を伴った酸が広がって、アフターは酸の余韻が長く続き素晴らしいです。
二口目はスイートな甘味が優しくふくらみ、温度が上がると果実感にあふれた甘味が柔らかくふくらみクリアーな飲み口が素晴らしいです。

二杯目は酸と甘味のバランスの良い飲み口から酸が若干勝って甘味をリードしていき、温度が上がると甘味をメインにした甘酸っぱい味わいになります。

三杯目になると酸が切れ良く広がる爽やかな飲み口から、やがて丸いキュートな甘味の周りをミスト状の酸が覆う素晴らしい味わいになり、温まるとしなやかで緻密な飲み口が良いです。

杯が進むと酸が広がる中に果実感のある甘味がくっきりと顔を出し、温まると甘味が穏やかな表情を見せます。

2021BY、原材料:米・米麹、純米奈良酒、酒米:奈良県産秋津穂、精米歩合:80%、アルコール:16度、酵母:7号系、無濾過無加水生酒、発酵日数32日、春タンク

 

720ml  1,430円(税込10%)

風の森 秋津穂 807

風の森 秋津穂 807labelbacklabeltag

 

風の森 秋津穂 657

生っぽいブドウの香りと艶やかで優しい口当たりのバランスの良い甘酸っぱい飲み口が素晴らしい傑作酒です。

風の森秋津穂657春仕込新酒が入荷しました。

盃に注ぐと果実の香りが漂ってきます。
香りは生っぽいブドウの香りで、含むと艶やかで優しい口当たりのバランスの良い甘酸っぱい飲み口で、アフターはブドウのフレーバーが余韻となり素晴らしいです。
二口目はわずかな苦味を含んだ酸と甘味がふくらみ複雑味を帯びてきて、温度が上がると果実感を伴った甘味が苦味を含んで広がります。

二杯目はキメ細かい酸に甘味と香りが一つになりシルキーな最上級の飲み口が素晴らしいです。温度が上がってくると甘味が増し丸い飲み口になります。

三杯目になるとキメ細かい酸をメインにした味わいになり、やがて苦味を含んだ酸が広がり爽やかさを感じさせます。温まると滑らかで艶のある飲み口が素晴らしいです。

杯が進むとシルキーな酸が広がり酸を中心にバランス良くまとまった飲み口が良いです。温まると滋味を含んだ優しい果実味がふくらみ穏やかに引いていき素晴らしいです。

この素晴らしい味で風の森のスタンダードなんです。スタンダードにしてこのレベルの高さが凄い、超お勧めの傑作酒です。

2021BY、原材料:米・米麹、純米奈良酒、酒米:奈良県産秋津穂、精米歩合:65%、アルコール:16度、酵母:7号系、無濾過無加水生酒、発酵日数32日、春タンク

 

720ml 1,320円(税込10%)

風の森 秋津穂 657

風の森 秋津穂 657labelbacklabeltag

 

風の森 露葉風 807

バナナエッセンスのようなフレーバーがスイートにふくらみ酸も程良く広がる素晴らしいお酒です。

風の森露葉風807春仕込新酒が入荷しました。

開栓は栓を押し上げるような強いガス圧で開きましたのでお気を付けください。
香りはバナナにクリーミーさをプラスしたフェミニンなフルーツ香で、
含むとバナナエッセンスのようなフレーバーがスイートにふくらみ酸も程良く広がって、アフターはほのかな苦味を含んだ甘い余韻が長く続き素晴らしいです。
二口目はほのかな苦味を感じるスイートな甘味がふくらみ、後口に苦みが残ります。温度が上がると苦みは減り柔らかい甘味がふくらみます。

二杯目は苦みを含んだ酸が広がり、やがてスイートなフレーバーの甘味がふくらみ、温度が上がると優しく柔らかい飲み口のバナナフレーバーが良いです。

三杯目になるとシルキーな酸をベースに香りを含んだ甘味がふくらみ、少し温度が上がるとしなやかで滑らかな果実味がクリアーに広がり素晴らしいです。

杯が進むとキメ細かい酸をベースにした飲み口になり、温まるとスイートな果実味が強くなります。

2021BY、原材料:米・米麹、酒米:奈良県御杖村産露葉風、精米歩合:80%、アルコール:16度、酵母:7号系、無濾過無加水生酒、発酵日数32日、春タンク

 

720ml  1,430円(税込10%)

風の森 露葉風 807

風の森 露葉風 807labelbacklabeltag

 

風の森 雄町 807

バナナにブドウをミックスしたフルーツ香にスイートでフェミニンなフレーバーがふくらみ穏やかに引いていく素晴らしい傑作酒です。

風の森雄町807春仕込新酒が入荷しました。

盃に注ぐとスイートな香りが漂ってきます。
香りはバナナにブドウをミックスしたフルーツ香で、含むとスイートでフェミニンなフレーバーがふくらみ穏やかに引いて、アフターは甘い余韻が長く続き素晴らしいです。
二口目は柔らかい含みのスイートな甘味がふくらみ、温度が上がると柔らかい飲み口に優しい滋味を感じ素晴らしいです。

二杯目はキメ細かいミクロの酸により果実感のあるしなやかな飲み口になり、やがてバナナのフレーバーをメインにスイートにふくらみ、温度が上がるとしなやかな果実味が柔らかく優しくふくらみ素晴らしいです。

三杯目になるとスイートなふくらみに酸が効いた味わいになり、温度が上がると甘味が効いたしなやかな飲み口になります。

杯が進むと果実感のある甘味に酸が広がり、やがて優しい滋味を含んだ果実味が広がり、温まるとしなやかな飲み口になります。

2021BY、原材料:米・米麹、酒米:岡山県産雄町、精米歩合:80%、アルコール:16度、酵母:7号系、無濾過無加水生酒、発酵日数32日、春タンク

 

720ml  1,430円(税込10%)

風の森 雄町 807

風の森 雄町 807labelbacklabeltag

 

風の森 秋津穂 657 扁平精米

香りはメロンやブドウをミックスしたクリーミーなフルーツ香で果実の香りを伴った甘味が優しくクリアーにふくらみフィニッシュ間際にクリーミーなフルーツ香が広がる素晴らしい傑作酒です。

風の森秋津穂657扁平精米が入荷しました。

扁平精米はお米の形に沿って等距離に磨いていく精米で、扁平精米によりお米が溶けやすくなります。

盃に注ぐとスイートな香りが漂ってきます。
香りはメロンやブドウをミックスしたクリーミーなフルーツ香で、含むと果実の香りを伴った甘味が優しくクリアーにふくらみ、フィニッシュ間際にクリーミーなフルーツ香が広がってきて、アフターは甘酸っぱい余韻が長く続き素晴らしいです。
二口目は柔らかいニュアンスで甘味がふくらみ味の純粋さを感じます。温度が上がると柔らかい含みで果実味が優しくスイートにふくらみ素晴らしいです。

二杯目はスイートな甘味とキメ細かいシルキーな酸とのコンビネーションが良いです。次第に甘味をメインにした飲み口にほのかな酸や苦みが彩を与え、温まると果実感のある甘味がクリアーにふくらみます。

三杯目になるとキメ細かい酸がキレイに広がる美しい飲み口で、やがてシルキーな酸と果実味がベストバランスの味わいで素晴らしいです。温まると果実感を伴ったしなやかな甘味が広がります。

杯が進むとキメ細かい酸が支えて甘味が広がり、次第にバランスの良い飲み口になり、温まるとミクロの酸をベースにした優しい甘味が素晴らしいです。

扁平精米した効果は大きく、65%精米ですが雑味のないクリアーでピュアーな酒質が素晴らしいお酒です。

2021BY、原材料:米・米麹、純米奈良酒、酒米:奈良県産秋津穂、精米歩合:65%、扁平精米、アルコール:16度、酵母:7号系、無濾過無加水生酒、発酵日数32日、冬タンク

 

720ml 1,540円(税込10%)

風の森 秋津穂 657 扁平精米

風の森 秋津穂 657 扁平精米labelbacklabeltag

 

風の森 愛山 807

マスカットにメロンをミックスしたスイートな香りでキュートな甘味がフルーツ香と一緒にふくらみ口中は花のようなフェミニンな芳香で満たされる素晴らしい傑作酒です。

風の森愛山807の春に仕込んだ新酒が入荷しました。

香りはマスカットにメロンをミックスしたスイートな香りで、含むとキュートな甘味がフルーツ香と一緒にふくらみ口中は花のようなフェミニンな芳香で満たされ、アフターは酸を伴った甘酸っぱい余韻が続き素晴らしいです。
二口目は香りを含んだ甘味が柔らかくふくらみ優しさに満ちた表情を見せ、温度が上がるとフェミニンでキュートな甘味が優しくふくらみスイートなフレーバーでいっぱいになり素晴らしいです。

二杯目はスイートな甘味に酸が切れる甘酸っぱい飲み口から、温度が上がると甘味がまろやかになります。

三杯目になると酸が切れを増し酸の効いた飲み口になり、やがて甘味と酸はバランスが良くなり、温まるとほのかな酸をベースにスイートにふくらむ果実味が素晴らしいです。

杯が進むと酸のキメはさらに細かくなりフェミニンでスイートな甘味が酸を含んで広がり、温まるとキュートな甘味が柔らかくふくらみ素晴らしいです。

2021BY、原材料:米・米麹、純米奈良酒、酒米:兵庫県産愛山、精米歩合:80%、アルコール:16度、酵母:7号系、無濾過無加水生酒、発酵日数32日、春タンク

 

720ml 1,540円(税込10%)

風の森 愛山 807

風の森 愛山 807labelbacklabeltag

 

鷹長 菩提もと 純米酒

アプリコットにバナナをミックスしたフルーツ香で香りを含んだ濃い甘味が優しくふくらみ干し杏の柔らかい果肉のようなフレーバーが立ち上がる素晴らしい傑作酒です。

風の森の別ブランド鷹長の鷹長菩提もと純米酒が入荷しました。
室町時代に発祥した乳酸菌を利用した日本最古の酒母である菩提もとで造られたお酒です。

盃に注ぐと濃いフルーツ香が漂ってきます。
香りはアプリコットにバナナをミックスしたフルーツ香で、含むと香りを含んだ濃い甘味が優しくふくらみ干し杏の柔らかい果肉のようなフレーバーが立ち上がり、アフターは優しい余韻が長く続き素晴らしいです。
二口目は乳酸の優しく柔らかい飲み口で、温度が上がるとアプリコットフレーバーをベースにした甘味に酸を添えた柔らかい味わいが素晴らしいです。

二杯目は酸が走り出し甘酸っぱい飲み口になり、やがて滑らかでクリアーな飲み口に甘味が優しくふくらみ、温度が上がると甘酸っぱく優しい飲み口から、後半は柔らかく癒されるような味わいが素晴らしいです。

三杯目になるとシルキーな酸と優しい甘味が一つになりバランスの良い飲み口になり、次第に甘味のふくらみが大きくなり、温まると酸が走り甘味と香りがバランス良く広がります。

杯が進むと香りを含んだ甘味に酸が広がり、果実感のある甘味が素晴らしいです。温度が上がると甘味が強くなり甘味メインの飲み口になります。

2021BY、酒米:奈良県菩提山町産ヒノヒカリ、精米歩合:70%、日本酒度-34、酸度3.5、アミノ酸度2.4、アルコール:17度、無濾過無加水生酒

菩提もとの技術(油長酒造さんの解説を抜粋要約)
菩提もととは乳酸菌を利用した日本最古の酒母で、日本清酒発祥の地といわれる奈良正暦寺で創醸されました。乳酸菌による乳酸発酵を利用する点で生もとや山廃の原型とも言えます。
毎年1月に奈良県内の蔵元8社とお寺の住職が一緒に酒母を仕込み、住職によって20日間ほど管理された酒母を各蔵に持ち帰って仕込みをするものです。

 

720ml 1,650円(税込10%)

鷹長 菩提もと 純米酒labelbacklabeltate

 

風の森 露葉風 507

極キメ細かい酸をまとって果実感のある甘味がイチゴやブドウの香りを散りばめながら広がる素晴らしい傑作酒です。

風の森露葉風507冬仕込新酒が入荷しました。

開栓時かなりの圧力で下から栓を押し上げるように開きましたのでガス圧はかなり強いです。
盃に注ぐとイチゴとブドウの芳しい香りが漂ってきます。
香りはブドウにわずかにミンティな香りを忍ばせた品位の高いフルーツ香で、含むと極キメ細かい酸をまとって果実感のある甘味がイチゴやブドウの香りを散りばめながら広がり、アフターはチャーミングな甘酸っぱい余韻が長く続き素晴らしいです。
二口目は品良くバランスした果実味が良いです。温度が上がると酸に切れが出てきて果実感のある甘味とともに広がります。

二杯目はキメ細かいミクロの酸が品の良いフレーバーとともに広がり、やがてシルキーな酸に果実感のある甘味がふくらみ、温まると果実味がしなやかに広がります。

三杯目になると酸の効いた甘酸っぱい味わいから、甘味が増したジューシーな味わいになり、温まると柔らかく優しい飲み口が素晴らしいです。

杯が進むと酸のキメはミクロの細かさになり、シルキーで爽やかな酸とキュートでスイートな甘味が素晴らしいです。温まるとしなやかで優しいホッとするような味わいに惹かれます。

2021BY、酒米:奈良県御杖村産露葉風、精米歩合:50%、アルコール:16度、酵母:7号系、無濾過無加水生酒、発酵日数32日、冬タンク

 

720ml  1,760円(税込10%)

風の森 露葉風 507 冬仕込

風の森 露葉風 507 冬仕込labelbacklabeltag

 

風の森 山田錦 807

ブドウにバニラをミックスしたフルーツ香で小気味よい酸と甘味の甘酸っぱい飲み口が素晴らしいお酒です。

風の森山田錦807冬仕込新酒が入荷しました。

香りはブドウにバニラをミックスしたフルーツ香で、含むと小気味よい酸と甘味の甘酸っぱい飲み口でフィニッシュへ向かい、アフターは酸の余韻が続き素晴らしいです。
二口目は酸をベースに甘味がクリーミーなニュアンスを帯び、温度が上がると果実感のある甘味が丸くふくらみます。

二杯目は酸が前へ出た飲み口になり、フィニッシュ間際にハーバルな渋味が立ち上がり、やがて酸が辛味を伴って広がり、温まるとほのかな苦味を感じるようになります。

三杯目はキメ細かい酸とフルーツ香が広がり、次第に酸の切れが増し、温度が上がるとフェミニンな甘味がふくらみ始めます。

杯が進むと甘味にほのかな苦味を含んだ酸が広がり、甘味と酸と苦味がバランスした飲み口になり、温まると甘味が増しスイートにふくらみます。

2021BY、酒米:兵庫県産山田錦、精米歩合:

80%、アルコール:16度、酵母:7号系、無濾過無加水生酒、発酵日数32日、冬タンク

 

720ml  1,430円(税込10%)

風の森 山田錦 807

風の森 山田錦 807labelbacklabeltag

 

風の森 Petit 507 

ブドウの香と酸の広がりに合わせてクリーミーな甘味がふくらむ素晴らしいお酒です。

2021BYの秋仕込み新酒、風の森Petit(プチ)507が入荷しました。

香りはブドウの香で、含むと酸の広がりに合わせてクリーミーな甘味がふくらみ、アフターはブドウのニュアンスの甘酸っぱい余韻が続き素晴らしいです。
二口目はクリーミーな甘味にミストのようにキメ細かい酸が広がり、温度が上がると甘味が増しクリーミーでスイートな味で満たされほのかな苦味が後口を締めます。

二杯目は酸が前面に立ち後から甘味がふくらみ、甘味・酸味・ほのかな苦味が重奏をなしハーバルな飲み口になり、温まると甘味が増し、厚みと滑らかな飲み口になります。

三杯目になると酸の切れが増し酸の効いた味わいになり、次第に甘味が増し果実感を感じるようになり、温まるとクリーミーでスイートな甘味が強くなります。

杯が進むと切れのある酸が広がり、甘味のふくらみの中に苦味が顔を出し、温まると果実感のある甘味がふくらみます。

「いつも開けたてのフレッシュなお酒で、日常のテーブルに愉しいひとときを」というコンセプトの基に、酒質設計からボトルデザインまでトータルに創造したお酒です。

2021BY、酒米:奈良県産契約栽培秋津穂、精米歩合:50%、アルコール:16度、酵母:7号系、無濾過無加水生酒、秋タンク

ボトルサイズは375ml、ラベルカラーは10色あります。

 

375ml 880円(税込10%)

風の森 Petit 507

風の森 Petit 507labelbacklabel風の森 Petit 507

 

 

   完 売 し ま し た 有 難 う ご ざ い ま し た

 

 風の森 キヌヒカリ 457 Challenge Edition 真中採り

品の良い洋梨の香りとクリーミーで優しい甘味にシルキーな酸が広がり全体を覆う品の良いフルーツ感が素晴らしい傑作酒です。

風の森キヌヒカリ457Challenge Edition真中採りが入荷しました。
真中採りとは、搾ったお酒の中でも搾り機の圧力をかけずに滴り落ちてくる部分で、特別なお酒です。

香りは品の良い洋梨の香りで、含むとクリーミーで優しい甘味にシルキーな酸が広がり穏やかに引いて、アフターはキメ細かい酸の余韻が続き、全体を覆う品の良いフルーツ感が素晴らしいです。
二口目は丸く柔らかい表情のスイートな果実味が素晴らしく、温度が上がるとフルーツ感たっぷりの甘味が優しくふくらみます。

二杯目は酸が前へ出てきてキメ細かく広がり、シルキーな酸と甘味のバランスの取れた品の良さが素晴らしいです。温度が上がると苦味が出てきますがキメ細かな酸にマスキングされ目立ちません。

三杯目になると酸が効いた飲み口から、次第に甘味とのバランスが良くなり、温まると優しく柔らかい飲み口になります。

杯が進むと甘味をメインにシルキーな酸が広がり、温度が上がると果実味がしなやかになります。

2021BY、酒米:奈良県産キヌヒカリ、精米歩合:45%、アルコール:16度、酵母:7号系、無濾過無加水生酒、真中採り、秋タンク

 

入荷本数が少ないためお一人様1本限りといたします。

お陰様で完売しました。

風の森 キヌヒカリ 457 Challenge Edition 真中採り

風の森 キヌヒカリ 457 Challenge Edition 真中採りlabelbacklabeltag

 

 風の森 キヌヒカリ 457 Challenge Edition

ブドウにバニラをミックスしたフルーツ香にクリーミーでフェミニンな香りを伴った甘味がふくらむ素晴らしいお酒です。

2017年にキヌヒカリの生産量減少により製造廃止となっていましたが、4年ぶりにキヌヒカリ457Challenge Editionとして復活しました。

香りはブドウにバニラをミックスしたフルーツ香で、含むとクリーミーでフェミニンな香りを伴った甘味がふくらみ、酸も甘味を支えるように広がり、アフターは甘酸っぱい余韻が続き素晴らしいです。
二口目はシルキーな酸とスイートな甘味がふくらみ、温度が上がると艶のある滑らかな飲み口が素晴らしいです。

二杯目はキメ細かいミクロの酸が際立つ飲み口になり、やがて甘味が柔らかくふくらみます。

三杯目になると甘味が強くなり酸も効いた飲み口になり、次第に酸と甘味のバランスが良くなり、温まるとミクロの酸と滋味を含んだ優しい甘味が素晴らしいです。

杯が進むとふくらむ甘味に酸が切れ、やがて果実感のある甘味が厚みを増し、温度が上がると果実味がブドウのニュアンスを帯びてきます。

2021BY、酒米:奈良県産キヌヒカリ、精米歩合:45%、アルコール:16度、酵母:7号系、無濾過無加水生酒、秋タンク

 

お陰様で完売しました。

風の森 キヌヒカリ 457 Challenge Edition

風の森 キヌヒカリ 457 Challenge Editionlabelbacklabelkatahari

 

風の森 雄町 807 真中採り

ブドウやバナナをミックスしたフルーティな甘味が優しさを湛えてふくらみ果実感たっぷりの飲み口が素晴らしい傑作酒です。

風の森雄町807真中採りが入荷しました。
真中採りとは、搾ったお酒の中でも、搾り機の圧力をかけずに滴り落ちてくる部分で口当たりは柔らかく香り豊かなお酒です。

香りはブドウやバナナをミックスした果実香で、含むとフルーティな甘味が優しさを湛えてふくらみ、果実感たっぷりの飲み口が素晴らしいです。アフターは果実の余韻が優しく続きます。
二口目は優しさに溢れた甘味がふくらみ、温度が上がると優しく柔らかく、その柔らかさに思わず頬をゆるめてしまう素晴らしい味わいです。

二杯目はスイートな果実味がミクロの酸に覆われスムーズに広がり素晴らしいです。やがて酸にわずかな苦味が出てきて爽やかさを演出します。

三杯目になると甘味が切れのある酸を従え味が1つになり、温度が上がってくるとしなやかな飲み口に甘味がふくらみます。

杯が進むとメロンのニュアンスを感じるようになり、温度が上がると柔らかい甘味に果実味と酸がフィットしたバランスの良い飲み口が素晴らしいです。

2020BY、原材料:米・米麹、純米奈良酒、酒米:岡山県産雄町、精米歩合:80%、アルコール:16度、酵母:7号系、無濾過無加水生酒、発酵日数32日、真中採り

 

お陰様で完売しました。

風の森 雄町 807 真中採り

風の森 雄町 807 真中採りlabelbacklabeltag

 

風の森 Origin

爽やかなブドウにバナナをミックスしたフルーツ香でシルキーな酸が先導しフルーツ感のある甘味がふくらむ素晴らしいお酒です。

発売を延期していた風の森の飲食店限定酒Originを緊急事態宣言が解除されるため発売開始いたします。

4月に入荷後当店の-5度の氷温庫で2か月近く休んでいましたが、酒質の劣化はまったく無くフレッシュな状態です。

 

盃に注ぐとフルーティな香りが漂ってきます。
爽やかなブドウにバナナをミックスしたフルーツ香でシルキーな酸が先導しフルーツ感のある甘味がふくらむ素晴らしいお酒です。

ビンのサイズは500mlになります。

2020BY、原材料:米・米麹、純米奈良酒、酒米:奈良県産秋津穂、精米歩合:50%、アルコール:14度、酵母:7号系、無濾過無加水生酒、発酵日数32日

■ご注文方法
ネット通販を開始しました。
価格はネット上では非公開になっております。お問い合わせください。
ご来店の場合は予約が必要です。お問い合わせください。

 

お陰様で完売しました。

origin

風の森 Originlabelbacklabeltate

 

風の森 山田錦 307 Challenge Edition

爽やかな酸をまとった品の良いフルーツ香で程良い香りと甘味がふくらみ酸もしっかりと広がり穏やかに引いて余韻も優しい素晴らしいお酒です。

風の森は通常自社培養7号酵母を使用していますが、このお酒はきょうかい7号酵母を使用し山田錦を30%精米した風の森山田錦307Challenge Editionが入荷しました。

香りは爽やかな酸をまとった品の良いフルーツ香で、含むと程良い香りと甘味がふくらみ酸もしっかりと広がって穏やかに引いていき、アフターの優しい余韻が続き素晴らしいです。
二口目は温度の上昇とともに甘味にクリーミーなニュアンスを感じスーッと引いて、アフターの余韻が長く続きます。温まるとしなやかな果実味にほのかに苦味が広がります。

二杯目は酸が際立つ飲み口で甘味がほのかに広がり、次第に酸はキメ細かくなり、甘味もふくらんでシルキーな飲み口になります。温まると甘味が増しますがふくらみ過ぎない飲み口で、アフターはほのかな苦味の余韻でフィニッシュします。

三杯目になると酸の切れが存在感を際立たせ甘味も程良くふくらみ素晴らしいです。温度が上がるとチャーミングな魅力にあふれた甘味がクッキリとした表情を見せます。

杯が進むとミクロの酸に程良く甘味がふくらみ、次第に甘酸っぱくバランスの良い味わいになりどこか親近感を覚えます。

2020BY、原材料:米・米麹、純米奈良酒、酒米:兵庫県産山田錦、精米歩合:30%、アルコール:16度、酵母:きょうかい7号、無濾過無加水生酒、発酵日数26日

 

お陰様で完売しました。

風の森 山田錦 307 Challenge Edition

風の森 山田錦 307 Challenge Editionlabelbacklabelobi

 

風の森 雄町 407 Challenge Edition

穏やかなイチゴの香りとスイートな甘味がふくらみ穏やかに広がってアフターはほのかなイチゴのニュアンスの余韻が続く素晴らしいお酒です。

醸造スキル向上のため取り組むチャレンジ酒、風の森雄町407Challenge Editionが入荷しました。

盃に注ぐとスイートなイチゴの香りが漂ってきます。
穏やかなイチゴの香りで、含むとスイートな甘味がふくらみ穏やかに広がってフィニッシュへと続き、アフターはほのかなイチゴのニュアンスの余韻が続き素晴らしいです。
二口目は酸の切れを甘味が覆う飲み口になり、アフターは少し苦味の余韻を感じます。温まると甘味が口中いっぱいにふくらみ、キュンとした酸の中にどこかミルキーなニュアンスの甘さを感じ優しくフィニッシュする素晴らしい味わいです。

二杯目はイチゴテイストのキュートな甘酸っぱい飲み口で、次第に酸が効いてきて酸をベースとした飲み口から、温度が上がると熟したイチゴの香りを帯びた甘味がふくらみます。

三杯目になるとキメ細かな酸が走り、やがてスイートな甘味がふくらむ飲み口が素晴らしいです。温まるとキュートな甘味が大きくふくらみます。

杯が進むとキュートな甘味に酸が広がり初々しさと瑞々しさを感じる素晴らしい味わいです。やがて飲み口は甘酸っぱくしなやかになります。

2020BY、原材料:米・米麹、純米奈良酒、酒米:岡山県産雄町、精米歩合:40%、アルコール:15度、酵母:7号系、無濾過無加水生酒、発酵日数34日

 

お陰様で完売しました。

風の森 雄町 407 Challenge Edition

風の森 雄町 407 Challenge Editionlabelbacklabelobi

 

風の森 露葉風 507 笊籬採り

爽やかさを感じる品の良い果実香とキメ細かい酸に優しく厚みのある甘味がふくらみ穏やかに引いて温まると滑らかで艶のある飲み口が素晴らしいお酒です。

今年初の笊籬採り(いかきとり)が入荷しました。
笊籬取り(いかきとり)とは油長酒造さんが独自に考案した技法。浸透圧で滲み出たお酒を集める方法で、笊籬採りで汲んだお酒は無加圧に近い状態のため、味香り共に豊かさと透明感を両立しています。

香りは爽やかさを感じる品の良い果実香で、含むとキメ細かい酸に優しく厚みのある甘味がふくらみ穏やかに引いて、アフターは穏やかで優しい余韻が続き素晴らしいです。
二口目は苦味を感じるようになり、タルトテイストの甘味がふくらみ苦味が良いアクセントになっています。温まると滑らかで艶のある飲み口が素晴らしいです。

二杯目は苦味をほのかに感じる酸が広がり、後口も酸の爽やかな余韻で終わります。やがてほのかな苦味に甘味と爽やかな酸が広がり、温まるとふくよかな飲み口になります。

三杯目になると酸が効いた飲み口になり、やがてタルトテイストの甘味がふくらみ、温まるとほのかな苦味を伴って甘味がしなやかに広がります。

杯が進むとキメ細かくしなやかな酸が甘味をリードする飲み口になり、次第に甘味が増し果実感が豊かになります。温度が上がるとバランス良くしなやかでスイートな果実味がふくらみ素晴らしいです。

2020BY、酒米:奈良県御杖村産露葉風、精米歩合:50%、アルコール:16度、酵母:7号系、無濾過無加水生酒、発酵日数32日、笊籬採り(いかきとり)

 

入荷本数が少なく一人でも多くの方に笊籬取りを楽しんでいただきたいため、お一人様1本までといたします。

 

お陰様で完売しました。

 

風の森 露葉風 507 笊籬採り

風の森 露葉風 507 笊籬採りlabelbacklabeltag

 

風の森 山田錦 807 笊籬採り

盃に注ぐとバナナにバニラがミックスしたフルーティな香りが漂い、含むと微発泡のキメ細かな酸の広がりとガーリッシュでスイートな甘味が素晴らしいお酒です。

1年ぶりに笊籬採り(いかきとり)が入荷しました。
笊籬取り(いかきとり)とは油長酒造さんが独自に考案した技法。浸透圧で滲み出たお酒を集める方法で、笊籬採りで汲んだお酒は無加圧に近い状態のため、味香り共に豊かさと透明感を両立しています。

盃に注ぐとフルーティな香りが漂ってきます。バナナにバニラがミックスした香りで、含むと微発泡のキメ細かな酸が広がり、甘味はガーリッシュでスイートな飲み口で、アフターの切れのある酸の余韻でフィニッシュし素晴らしいです。
二口目は優しい甘味に切れのある酸が広がり、後半はふんわりとした柔らかくスイートなフレーバーを感じ、温度が上がると優しい甘味がふくらみ柔らかい雰囲気に包まれます。

二杯目は微発泡の酸に柔らかい甘味がふくらみ、やがて甘味を中心にバランス良く厚みのある飲み口になり、温まると優しく柔らかい含みが良いです。

三杯目は発泡感を伴った切れのある酸が広がり、ガーリッシュな甘味が酸を伴いふくらんできます。温度が上がると果実味がしなやかに広がります。

杯が進むとキメ細かく軽やかな酸に五味がバランスし、温まると優しくフワッとふくらむスイートなフレーバーが素晴らしいです。

2020BY、酒米:兵庫県産山田錦、精米歩合:80%、アルコール:17度、酵母:7号系、無濾過無加水生酒、発酵日数32日、笊籬採り(いかきとり)

 

入荷本数が少なく一人でも多くの方に笊籬取りを楽しんでいただきたいため、お一人様1本までといたします。

 

お陰様で完売しました。

風の森 山田錦 807 笊籬採り

風の森 山田錦 807 笊籬採りlabelbacklabeltag

 

風の森 秋津穂 657 真中採り

バナナやバニラをミックスしたフルーツ香とガーリッシュなニュアンスのフレーバーがスイートにふくらむ素晴らしいお酒です。

風の森秋津穂657の2020BY新酒の真中採りが入荷しました。

真中採りとは、「搾ったお酒の中でも搾り機の圧をかけずに滴り落ちてくる部分で、口当たりはやわらく、香りが豊か。」特別な風の森です。

香りはバナナやバニラをミックスしたフルーツ香で、含むと酸が効いた飲み口から途中で甘味がグッとふくらみ、アフターは爽やかな酸の余韻で終わり素晴らしいです。
二口目はガーリッシュなニュアンスのフレーバーがスイートにふくらみ、温まってくると艶と厚みのある果実味が素晴らしいです。

二杯目は酸の効いた飲み口からタルトテイストの甘味がふくらみ、温まるとしなやかで柔らかく果実感をたっぷり含んだ甘味が素晴らしいです。

三杯目になると切れのある酸が広がり、次第に香り立つ甘味がふくらんできます。温まると優しくキュートな飲み口が良いです。

杯が進むと酸の切れと甘味のバランスが良くなり、温度の上昇とともに甘味がふくらみ、温まるとしなやかでキュートな果実味が美味しいです。

今回の真中採りは通常の秋津穂657とはかなり違いアルコール16%にもかかわらずかなりボリュームを感じるお酒でお勧めです。

2020BY、原材料:米・米麹、純米奈良酒、酒米:奈良県産秋津穂、精米歩合:65%、アルコール:16度、酵母:7号系、無濾過無加水生酒、発酵日数32日、真中採り

 

お陰様で完売しました。

風の森 秋津穂 657 真中採り

風の森 秋津穂 657 真中採りlabelbacklabeltag

 

風の森 みんなで花火を打ち上げるお酒

バニラとブドウをミックスした香りにクリーミーな甘味と微発泡な酸が広がりアフターは甘酸っぱい酸の余韻が長く続く素晴らしいお酒です。

風の森みんなで花火を打ち上げるお酒が入荷しました。
このお酒は地元の花火会社の厳しい状況に鑑み地元の花火会社とタイアップして場所非公開のオンライン花火大会を10月1日に開催する企画で、打ち上げる花火へのネーミングライツにご応募いただけます。

 

それではレビューといきます。
このお酒は露葉風507とは異なり原酒規格でアルコールを14度と低く醸造した低アルコール酒です。
開栓時プシューと音がして開きましたのでガス圧は強いです。
香りはクリーミーなバニラ系の香りにブドウをミックスした香りで、含むとクリーミーな甘味と微発泡な酸が広がり、直ぐに引いてアフターは甘酸っぱい酸の余韻が長く続き素晴らしいです。
二口目はタルトのような優しい甘味がふくらみ、温度が上がると優しく軽やかな飲み口になります。

二杯目は発泡感に包まれたキメ細かい酸が広がり、やがて甘味と酸の優しいふくらみからフィニッシュ間際に癒されるような味わいが展開し素晴らしいです。温まると優しく柔らかく軽やかな飲み口になります。

三杯目になると発泡感が強くなりシュワーッとした飲み口で、発泡感の中から甘味がふくらんできて、やがて甘味は柔らかい表情を見せます。

杯が進むと発泡感のある酸の効いた甘酸っぱい飲み口で、次第に甘味と酸がバランス良く広がる軽快な味わいになり、温まるとしなやかな果実味が美味しいです。

2020BY、酒米:奈良県御杖村産露葉風、精米歩合:50%、アルコール:14度、酵母:7号系、無濾過無加水生酒

 

お陰様で完売しました。

風の森 みんなで花火を打ち上げるお酒

風の森 みんなで花火を打ち上げるお酒labelbacklabelkatahari

 

風の森 山田錦 807 真中採り

レモネードのような爽やかなフルーツ香と際立つ酸に甘味がふくらみ爽やかでスイートなフレーバーで引いていく素晴らしいお酒です。

商品の再編と名称の変更に伴い、純米山田錦は山田錦807に変更になりました。
今回入荷したのは山田錦807の真中採りバージョンになります。
なお今まで表示していました純米や純米大吟醸などの特定名称は廃止になりました。

香りはレモネードのような爽やかなフルーツ香で、含むと際立つ酸に甘味がふくらみ爽やかでスイートなフレーバーで引いていき、アフターは酸の余韻でフィニッシュする素晴らしい味わいです。
二口目はバニラの香りを含んだ甘味がふくらみ、温まるとキュートな甘味にほのかな苦味を感じるようになります。

二杯目はほのかな苦味をベースに酸と甘味が広がり、次第に果実味に複雑さを感じるようになり、温度が上がると艶っぽくなります。

三杯目はバランスの良い微発泡感を伴ったキメ細かい酸がメインとなって広がり、やがてキュートな甘味に艶を感じるようになります。

杯が進むと苦味を含んだ酸と甘味が広がり、次第に爽やかでフレッシュな飲み口になり、温度が上がると滋味を感じるキュートな甘味が魅惑的で素晴らしいです。

2019BY、酒米:兵庫県産山田錦、精米歩合:80%、アルコール:17度、酵母:7号系、無濾過無加水生酒、発酵日数32日、真中採り

 

お陰様で完売しました。

風の森 山田錦 807 真中採り

風の森 山田錦 807 真中採りlabelbacklabelkatahari

 

風の森 純米大吟醸 露葉風 真中採り

艶と奥行きを感じる果実香とシュワーッとした発泡感に艶っぽい甘味が広がる素晴らしいお酒です。

真中採りとは、あらばしりと責めの部分を大幅にカットし、香り・旨味・酸のバランスが最適な部分のみを瓶詰めした特別な風の森です。

香りは艶と奥行きを感じる果実香で、含むとシュワーッとした発泡感と艶っぽい甘味に酸が広がり、アフターは甘味と爽やかな酸の余韻が続き素晴らしいです。
二口目はクリーミーな甘味に発泡感のある酸が広がり、温まるとほのかな苦味に奥行きのある甘味が深くてゴージャスな表情を見せ素晴らしいです。

二杯目は発泡感とクリーミーな甘味が広がり、やがて甘味が果実香を帯びてふくらみ、温まると奥行きのある立体的な味わいが素晴らしいです。

三杯目になるフェミニンな香りに包まれた発泡感が広がり、次第に柔らかく優しいしなやかな飲み口になります。

杯が進むと終始発泡感に支えられキュートな甘味がふくらみ、次第にシルキーな酸に甘味がバランスした果実味溢れた飲み口が素晴らしいです。温まるとしなやかで優しく奥の深い果実感になります。

2019BY、酒米:奈良県産露葉風、精米歩合:50%、アルコール:16度、酵母:7号系、無濾過無加水生酒、発酵日数32日、真中採り(まなかとり)

 

お陰様で完売しました。

風の森 純米大吟醸 露葉風 真中採りlabelbacklabelkatahari

 

風の森 300周年記念酒

シルキーな酸と品の良い穏やかな甘味がバランス良く広がり実に上品な味わいでどこをとっても素晴らしいお酒です。

 

油長酒造創業300周年を記念した300周年記念酒が入荷しました。
油長酒造は1719年享保4年初代山本長兵衛が製油業から酒造業に転じて以来300年になります。
この記念酒に使用しているお米秋津穂は奈良県内30軒の農家と契約している契約栽培米で、契約栽培している農家30軒のすべての秋津穂を集めて使用しています。

盃に注ぐとフルーティで品の良い香りが漂ってきます。
香りはブドウの香りが混じったシルキーで品の良いフルーツ香で、含むとシルキーな酸と品の良い穏やかな甘味がバランス良く広がり、実に上品な味わいです。アフターのキメ細かい酸の余韻など、どこをとっても素晴らしい味わいです。
二口目はキメ細かな口当たりの優しい果実味を感じ、温度が上がるとしなやかで穏やかに広がります。

二杯目はミクロの酸が押し甘味は後ろに控え、バランスの良い典雅な味わいが素晴らしいです。温まってくると優しい果実味を感じます。

三杯目になると甘味が増し酸も切れる飲み口で、二口目にはブドウのようなテイストのしなやかな飲み口が素晴らしいです。やがて果実感を含んだ甘味がふくらんできます。

杯が進むと微発泡感とミクロの酸が広がり、次第に滋味を含んでキュートな甘味がふくらんできます。温度が上がるとキメ細かい酸と甘味が絶妙なバランスでしなやかに広がり素晴らしいです。

ただただエレガントで品の良いフルーツ感1点のみを感じ、余計な味は一切無いピュアな味は近未来を予感させます。
お酒の骨格を決めるお米の質の良さと、洗米水にウルトラファインバブルを用いるなど数々の技術革新と卓越した酒造技術から生み出され近未来酒としての要素がすべて備わっている素晴らしいお酒です。

純米大吟醸、酒米:奈良県産秋津穂(全ての秋津穂生産者米使用)、精米歩合:30%、アルコール:16度、酵母:7号系、無濾過無加水生酒、

入荷本数が少ないためお一人様1本限りといたします。

お陰様で完売しました。

風の森 300周年記念酒labelbacklabel

 

風の森は、無濾過無加水生酒のため、瓶底にオリの沈殿が見られたり、炭酸ガスが溶存していることがありますが、これは無濾過無加水酒ならではの味わいです。無濾過無加水酒の醍醐味をお楽しみください。

 

ページトップへ

 

ご注文は、当店ショッピングサイトにてご注文ください。

ご注文についてを参照ください。

 

※当店では、未成年者へのお酒の販売は行っておりません。