日本酒専門店

Sake芯

若駒酒造株式会社

 

若駒酒造蔵元

 

柔らかくて優しい旨味と、キレイな酸味のコントラストが光る「若駒」

 

栃木県小山市北西の田園地帯に蔵はあります。
この辺りは、豊田村と呼ばれた県内有数の穀倉地帯で、 少し掘ると日光連山の伏流水が湧きだす、地下水の豊かな地域です。

 

若駒酒造は、万延元年1860年創業で、現在200石を生産しています。また、主屋などが国の登録有形文化財に指定されている、古い歴史のある蔵元さんです。


造りはそれまで女将兼杜氏のお母さんと蔵人さんで造っていましたが、2009年に六代目である息子さんが蔵に戻り、新たに若駒ブランドを立ち上げました。

 

若駒酒造さんでは、昔使っていた木桶を64年ぶりに復活させて、木桶仕込をおこなうなど、蔵の歴史と設備を活かした酒造りをおこなっています。

 

味わいは、柔らかくて優しい甘味がふくらむ中を、バランス良くキレイな柑橘系の酸味が立ちあがり、とてもジューシーなお酒です。

 

無加圧採り

 

無加圧採りとはモロミを酒袋に詰め、槽(ふね)と呼ばれる搾り機に並べて、圧力をかけずに自重でしみ出たお酒です。

ビン底に数ミリのオリが沈殿した「おりがらみ」のお酒になります。

gaikan

玄関木桶看板タンク

 

 

 

 

 

 

 

 若駒

若 駒(わかこま) 商 品 一 覧

 

               若駒 あさひの夢65 無加圧採り
果実味豊かな甘味に酸が程良く広がりアフターの爽やかな余韻へと続く素晴らしいお酒です。

若駒の新酒あさひの夢65無加圧採りが入荷しました。

無加圧採りとはモロミを酒袋に詰め、槽(ふね)と呼ばれる搾り機に並べて、圧力をかけずに自重でしみ出たお酒で、ビン底に数ミリのオリが沈殿した「おりがらみ」のお酒になります。

瓶底に沈殿した2ミリほどのオリを混ぜてから盃に注ぐと、香りはクリーミーで爽やかな香りと、どこかラムネのような香りも感じます。
含むと果実味豊かな甘味に酸が程良く広がり、後半は甘味がさらにふくらんでアフターの爽やかな余韻へと続き素晴らしいです。
二口目は穏やかな中に酸が効きだし、温度が上がるとふくよかな飲み口に甘味がふくらんできます。

二杯目は甘味が増し、甘酸っぱい味わいから甘味がさらに増してきます。甘味に優しさが加わるようになると穏やかで優しい飲み口になります。

三杯目になるとしなやかな飲み口にキュートな甘酸っぱさが光り、果実味が広がった後に少し苦味が出てきます。温まると苦味を含んだミントのニュアンスが加わって甘味がふくらみます。

杯が進むと酸が効いた味わいに軽やかさを感じるようになり、温度が上がると甘酸っぱく軽やかな飲み口なります。

2019BY、酒米:あさひの夢、精米歩合:65%、酵母:T-ND、アルコール17度、無濾過生原酒、無加圧採り


720ml  1,540円(税込10%)

1800ml 2,860円(税込10%)


7201800labelbacklabelkatahari

 

 

 

   完 売 し ま し た あ り が と う ご ざ い ま し た

 

           若駒 雄町50 しずく搾り斗瓶採り 3番斗瓶

熟したミンティな香りと滑らかで艶っぽい甘味がふくらみ次第に優しさを感じるお酒です。

若駒雄町50しずく搾り斗瓶採りの3番斗瓶が入荷しました。
3番斗瓶は澄んだお酒になります。

香りは熟したミンティな香りで、含むと滑らかで艶っぽい甘味がふくらみ、穏やかに引いていきます。
二口目は柔らかい含みの甘味がふくらみアフターは苦味の余韻でフィニッシュし、温度が上がると酸味が出てきて甘酸っぱい飲み口になります。

二杯目は甘酸っぱく熟した味わいで、次第に複雑さを感じるようになり、温まると苦味が出てきて苦味と甘味のバランスがとれた味わいになります。

三杯目になると艶と複雑さを含んでバランスよく広がり、次第に艶っぽく優しく滑らかな飲み口になり、温度が上がると優しく寄り添ってくれるような味わいが素晴らしいです。

杯が進むと滑らかな飲み口に複雑さが混じり、やがて甘味が強くなり口中一杯に甘味が広がります。

2018BY、酒米:雄町、精米歩合:50%、酵母:T-F、アルコール16度、無濾過生原酒、しずく搾り斗瓶採り、3番斗瓶

 

720mlのみの入荷です。


お陰様で完売しました。

若駒 雄町50 しずく搾り斗瓶採り 3番斗瓶

若駒 雄町50 しずく搾り斗瓶採り 3番斗瓶labelbacklabelkatahari

 

           若駒 雄町50 しずく搾り斗瓶採り 1番斗瓶

微発泡感のある甘酸っぱい香りがふくよかなオリ味に包まれてふくらみアフターは涼感のある切れが爽やかで素晴らしいお酒です。

若駒からフラッグシップ酒の雄町50しずく搾り斗瓶採り1番斗瓶が入荷しました。

1番斗瓶は最初ににじみ出てくる部分のためオリのある薄にごりのお酒です。

1800mlには「開栓にご注意ください」の注意書きがありますが、720mlは噴き出すことも無く開きました。
香りはややミンティな品のあるフルーツ香で、含むと微発泡感のある甘酸っぱい香りがふくよかなオリ味に包まれてふくらみ、アフターは涼感のある切れが爽やかで素晴らしいです。
二口目は甘味が増して甘さが大きくふくらんできます。温度が上がると甘酸っぱい果実味が優しくふくらみ素晴らしいです。

二杯目はしなやかな果実味とピンとした飲み口が素晴らしく、次第に香りの効いたバランスの良い味わいになり、温まると柔らかい含みの中に甘味がふくらんできます。

三杯目になるとフルーティな香りが増してきて、甘酸っぱさと気品のある香りがバランス良く広がり、次第に甘味と香りの効いた飲み口になり、温度が上がるとフルーツフルで優しい味わいになります。

杯が進むとバランスの良い飲み口に気品のある香りが広がり、温まるとしなやかで優しいフルーツ感が良いです。

2018BY、酒米:雄町、精米歩合:50%、酵母:T-F、アルコール16度、無濾過生原酒、しずく搾り斗瓶採り、1番斗瓶

 

お陰さまで完売しました。


若駒 雄町50 しずく搾り斗瓶採り 1番斗瓶

1800720labelbacklabelkatahari

 

               若駒 雄町90 槽搾り

バニラやバナナが混ざった香りと柔らかく優しい甘味がふくらみアフターは穏やかな酸の余韻で終わるお酒です。

雄町を90%の超低精米した若駒雄町90槽搾りが入荷しました。

盃に注ぐと濃い黄色をしていますが90%の低精米によるお米の色だそうです。
香りはバニラやバナナが混ざった香りで、含むと柔らかく優しい甘味がふくらみ、後半は切れのある酸でフィニッシュし、アフターは穏やかな酸の余韻で終わり美味しいです。
二口目は柔らかく優しい飲み口で、後口に苦味をほのかに感じます。温度が上がると柔らかく甘酸っぱく、少し熟したテイストを含んでバランスの良い飲み口になります。

二杯目は甘味と酸のバランスの良い飲み口で、次第に酸が優しい味をリードし、温まると優しい飲み口の中に少し苦味が混じります。

三杯目になるとバランスの良い果実感から甘味がふくらみジューシーな味わいになり、温度が上がると柔らかく優しい味わいになります。

杯が進むと甘味を中心にバランスよくまとまり、温度が上がるに従い柔らかい甘味がふくらみ優しくバランスの良い味わいになります。

2018BY、酒米:雄町、精米歩合:90%、酵母:T-ND T-S、アルコール16.5度、無濾過生原酒、


お陰様で完売しました。

若駒 雄町90 槽搾り

1800720labelbacklabel

 

               若駒 愛山90 槽搾り

果実のような香りとボリューム感のある果実味がウオームなテイスト従えてふくらみ穏やかに引いていくお酒です。

若駒愛山90の槽搾りが入荷しました。
若駒愛山90を槽搾りした澄んだお酒になります。

香りは果実のような香りで、含むとボリューム感のある果実味がウオームなテイスト従えてふくらみ穏やかに引いていきます。
二口目は果実味が優しくなり、温度が上がるとウオームなテイストと優しい味がふくらみます。

二杯目は甘酸っぱい飲み口になり、厚みのある果実感が良いです。次第に柔らかさを感じるようになります。

三杯目になると滑らかな果実味で次第にバランスが良くなり、温まれば優しい飲み口になります。

杯が進むと酸が出てきて爽やかさを感じるようになり、温度が上がるに従い柔らかく優しい飲み口になります。温まると軽やかで甘酸っぱい果実味が良いです。

2018BY、酒米:愛山、精米歩合:90%、酵母:T-ND T-S、アルコール17度、無濾過生原酒、


お陰様で完売しました。

若駒 愛山90 槽搾り

7201800labelbacklabel

 

               若駒 雄町70 無加圧採り

シルキーな酸に程良く甘味がふくらみ果実の香りを伴って爽やかに引いていく素晴らしいお酒です。

フルーツ系日本酒を造らせたらトップクラスの若駒から雄町70無加圧採りが入荷しました。

圧力をかけずに自重で染み出たお酒のため「おりがらみ」のお酒になります。

香りは花のような香りに黄桃の香りが混ざった優雅でフルーツフルな香りです。
含むとキメ細かいシルキーな酸に程良く甘味がふくらみオリのふくよかさを感じ、果実の香りを伴って爽やかに引いていく素晴らしい味わいです。
二口目は初々しくしなやかなフルーツフレーバーを感じ、温度が上がってくると甘味が増しジューシーな味わいになります。

二杯目はキメ細かい酸が走り出し爽やかに切れていく酸中心の味わいから、やがて甘味がふくらみ後から酸が広がります。

三杯目は爽やかで初々しい飲み口で、次第にしなやかな果実味を感じるようになり、温度が上がってくると優しいフルーツ感が出てきます。

杯が進むと甘酸っぱくしなやかな飲み口から甘味が増しジューシーな味わいになり、温まると初々しく優しい軽やかな飲み口になります。

 

2018BY、酒米:雄町、精米歩合:70%、酵母:T-ND T-S、アルコール16.5度、無濾過生原酒、無加圧採り


お陰様で完売しました。

 

若駒 雄町70 無加圧採り

1800720labelbacklabelkatahari

 

               若駒 愛山90 無加圧採り

花やバナナのような香りとしなやかで瑞々しく初々しい味わいが素晴らしい傑作酒です。

愛山を90%の低精米で仕込んだ若駒愛山90無加圧採りが入荷しました。

圧力をかけずに自重で染み出たお酒のため「おりがらみ」のお酒になります。
オリの量は瓶底から6~7ミリぐらいあります。

盃に注ぐと品の良いフルーツ香が漂ってきます。
花のような香りにバナナやバニラが混じった香りで、含むとキュンとした酸が香りを包み込み、穏やかで品の良い甘味がふくらみ素晴らしいです。
二口目は香りが先導し酸を従えてふくらみ、温度が上がると程良い甘味が初々しく広がります。

二杯目は品の良いバナナの香りと瑞々しい飲み口が素晴らしいです。やがてしなやかで穏やかな飲み口からアフター間際に香りが立ち上がってきます。

三杯目になると伸びやかな飲み口に香りがふくらみ、穏やかで品の良い素晴らしい味わいです。温度が上がってくるとしなやかな中にふくよかさを感じるようになります。

杯が進むと果実感を中心にバランスの良い味わいで、次第にフルーツたっぷりの香りに程良い甘味がバランスし、しなやかで瑞々しく初々しい味わいが素晴らしいです。
温まってくると甘味が増してしなやかでジューシーな味わいになります。

穏やかで品良く初々しい愛山の良さを充分に引き出した傑作酒です。
とても90%の低精米とは思えない雑味の無いキレイな味わいのお酒です。

2018BY、酒米:愛山、精米歩合:90%、酵母:T-ND T-S、アルコール17度、無濾過生原酒、無加圧採り


お陰様で完売しました。

若駒 愛山90 無加圧採り

7201800labelbacklabelkatahari

 

               若駒 美山錦70 無加圧採り 

しなやかで初々しく爽やかな洋ナシの香りが素晴らしいお酒です。

無加圧採りシリーズの若駒美山錦70無加圧採りが入荷しました。

無加圧採りとはモロミを酒袋に詰め、槽(ふね)と呼ばれる搾り機に並べて、圧力をかけずに自重でしみ出たお酒で、ビン底に数ミリのオリが沈殿した「おりがらみ」のお酒になります。

オリを混ぜてから盃に注ぐと、香りは穏やかで品の良いバニラアイス香で、含むと洋梨の香りが爽やかに広がり、甘味や酸は節度を保ってふくらんできて、初々しい果実感が素晴らしいお酒です。
二口目はオリ味由来のふくよかな味わいで、温度が上がるとしなやかな果実味を感じるようになります。

二杯目は酸が出てきて初々しく爽やかな飲み口で、次第に甘味が増し甘酸っぱいフルーツ香を感じ、温度が上がると軽やかな味わいになります。

三杯目になると爽やかでしなやかな酸が効き過ぎず控え過ぎず絶妙の果実感が素晴らしいです。次第にふくよかなオリ味を感じ始めます。

杯が進むとキメ細かな酸が支える甘味と香りのバランスの良い飲み口で、やがて初々しく穏やかなふくらみにキュートな甘味が顔を出し、温まるとしなやかな飲み口に酸が切れるようになります。

しなやかで初々しく爽やかな洋ナシの香りが素晴らしいお酒です。

2018BY、酒米:美山錦、精米歩合:70%、酵母:T-ND T-S、アルコール16.5度、無濾過生原酒、無加圧採り

 

お陰さまでは完売しました

 

若駒 美山錦70 無加圧採り

1800720labelbacklabelkatahari

 

               若駒 五百万石80 無加圧採り

ラフランスの馥郁たる香りに酸と甘味の軽快なニュアンスが素晴らしい傑作酒です。

 

低精米のお米でフルーティなお酒を造らせたらトップクラスの若駒から五百万石80無加圧採りの新酒が入荷しました。

無加圧採りとはモロミを酒袋に詰め、槽(ふね)と呼ばれる搾り機に並べて、圧力をかけずに自重でしみ出たお酒で、ビン底に数ミリのオリが沈殿した「おりがらみ」のお酒になります。

オリを混ぜてから盃に注ぐと、香りは穏やかで芳しいフルーツの香で、含むとピチピチした酸とフルーティな甘味に品の良い花のような香りが優雅に広がり、アフターは瑞々しい果実の余韻が続き素晴らしいです。
二口目は非常に品の良い穏やかな香りがふくらんだ後に酸が顔を出し、温度が上がるとラフランスの馥郁たる香りに、酸と甘味の軽快なニュアンスが素晴らしいです。

二杯目は酸の走りを制するように甘味が穏やかに広がり、やがて香りに微細な酸が合わさり微粒子の飲み口になり、温度が上がると酸が甘味と拮抗するようになります。

三杯目はバニラアイス香の爽やかな広がりが素晴らしく、次第に酸が効いたしなやかな果実味になります。

杯が進むと香りを中心にバランスの良い飲み口で切れていき、温度が上がると甘味に爽やかな香りを感じ、切れる酸とのバランスが良くなります。

低精米でこれだけ品の良いフルーティな香が出せる若駒素晴らしいです。

2018BY、酒米:五百万石、精米歩合:80%、酵母:T-ND、T-S、アルコール16.5度、無濾過生原酒、無加圧採り

 

お陰さまで完売しました。

若駒 五百万石80 無加圧採り

7201800labelbacklabelkatahri

 

               若駒 八反錦70 無加圧採り
ふくよかな果実の芳香にオリ由来の穏やかな口当たりが気品を感じる高貴な味わいが素晴らしいです。

低精米を得意とする若駒から八反錦を使用した若駒八反錦70無加圧採りが入荷しました。
無加圧採りのためうっすらとオリが絡んだお酒です。

香りはほのかに酸を含んだ品の良い洋ナシやバナナの香りで、含むとふくよかな果実の芳香にオリ由来の穏やかな口当たりと気品を感じる高貴な味わいが素晴らしいです。
二口目は滑らかな飲み口にエレガントで品の良い香りが広がり、温度が上がると滑らかな中にほのかな渋味を伴った酸が広がります。

二杯目はフワッとふくらむ滑らかな味わいは品の良いフルーツ香を伴ってバランス良く広がり、穏やかな味わいの中にキレイな酸が広がります。

三杯目は酸を中心に広がる甘酸っぱい味わいで、温まるとバランスの良い飲み口になります。

杯が進むとバランスの良い飲み口に酸が切れ、香り・甘味・酸味のバランスが整い一体となってふくらみます。

29BY、酒米:八反錦、精米歩合:70%、酵母:T-ND T-S、アルコール16.5度、無濾過生原酒、無加圧採り


お陰さまで完売しました。

若駒 八反錦70 無加圧採り

1800720labelbacklabelkatahari

 

 

ページトップへ

 

ご注文は、当店ショッピングサイトにてご注文ください。

なお、メールまたはFAXでのご注文も承っております。 sake-sin@rg7.so-net.ne.jp

ご注文についてを参照ください。

ショッピングサイトに掲載してない商品につきましては、直接メールにてお問い合わせ下さい。

 

 

※当店では、未成年者へのお酒の販売は行っておりません。