日本酒専門店

Sake芯

油長酒造株式会社

 

風の森 ALPHA シリーズ

 

風の森ALPHA シリーズは通常の風の森とは異なり、タイプごとにテーマを掲げ独創的な技術で可能性を追求するブランドです。

風の森ALPHAを飲めば日本酒の未来が見える。

今もっとも最先端の日本酒が風の森ALPHAです。

 

ALPHAは全量菩提酛で仕込まれています
菩提酛(ぼだいもと)は、室町時代に奈良県の菩提⼭正暦寺で編み出された技法で、日本最古の酒母と考えられています。
菩提酛は、「そやし水」といわれる乳酸発酵水をあらかじめ作り、これを酒母の仕込みに使います。
ALPHA では、その乳酸発酵技術を継承し、酒蔵内に設置した専用の菩提酛室にて、より洗練された菩提酛造りを行っています。菩提酛から紡ぎだされる酸とアミノ酸が、酒質に複雑味と奥行きを与えます。

 

ALPHAシリーズは低アルコールの14度になりました。

菩提酛で仕込むため、香りや充実感は損なわれることなく 、より飲み易くなりました。


ALPHAの8つのタイプ

 

風の森ALPHA1
テーマは「次章への扉」
アルコール度数を低く設計しながら、味わいのボリューム感や果実感を損なわないように醸造した日本酒です。

 

風の森ALPHA1DRY

従来のALPHA1より甘さを抑えたDRY設計になっています。

 

風の森ALPHA2
テーマは「この上なき華」
高精白をテーマとしたお酒で、奈良県産の契約栽培米秋津穂を22%まで精米した日本酒です。

 

風の森ALPHA3
テーマは「世界への架け橋」
火入れ酒で生酒らしさを追及したお酒で、火入れではありますが風の森らしい発泡感とフレッシュでライブ感あふれる日本酒です。

 

風の森ALPHA4
テーマは「新たなる希望」
「氷結採り」という独自開発の革新的な日本酒分離技術で、機械類を使用せずタンク内で清酒と酒粕に分離する技術により造られた日本酒です。

 

風の森ALPHA5
テーマは「燗SAKEの探求」
温める事による味の変化を楽しめるお酒を造るため、乳酸発酵の利用と貴醸酒仕込を行い複雑味と幅を持たせた日本酒です。

 

風の森ALPHA夏の夜空
TYPE1をさらにアルコール分を10%まで低くした夏向きの爽やかな日本酒です。

 

風の森ALPHA6

テーマは「6号への敬意」

風の森は通常7号系酵母を使用するのですが、このお酒は、6号酵母誕生の蔵、新政酒造さんから分けていただいた6号酵母を使用した日本酒です。

 

風の森ALPHA8

アモルファス製法という蔵独自の製法で、焙煎した玄米100%で仕込んだ日本酒です。

 

氷結採り(ひょうけつとり)


氷結採りとは油長酒造さんが独自に設計した発酵タンクで、モロミをタンク内で日本酒と酒粕に分離する技術です。
例えば活性酒は栓を開けなければ密閉されたビンの中で比重の重いオリの部分は沈殿し比重の軽い上澄みの部分が分離しています。 このような状態をタンクの中でつくりだし、上澄み部分を分離すれば搾る機械を一切使用することなく日本酒を分離できる革新的な技術です。

 

 

油長酒造ホームページ

酒千蔵野社屋

玄関菰樽杉玉タンク

 

 

 

 

alpha-rogo

風の森 ALPHA  商品一覧

 

風の森 ALPHA 2 この上なき華

品の良いマスカットの香りで、シルキーな酸に甘味が程良く調和し,アフターのオレンジのようなニュアンスの余韻が素晴らしいお酒です。

秋津穂米を22%まで高精米した風の森ALPHA2この上なき華が入荷しました。

香りは品の良いマスカットの香りで、
含むとシルキーな酸に甘味が程良く調和して静かに引いていき、アフターはオレンジのようなニュアンスの余韻が長く続き素晴らしいです。
二口目はバランスの良い果実味が滑らかに広がり、温度が上がると優しく柔らかい飲み口に酸が立ってきます。

二杯目は酸の効いた飲み口から、シルキーな酸の押しとフルーティな甘味のバランスが良くなり、後半は柑橘感のある甘味が顔を出し素晴らしいです。温まると柑橘感いっぱいのフレーバーがふくらみます。

三杯目になると酸がリードする飲み口から、温度が上がるとシルキーな酸に甘味がバランスしたしなやかな味わいが素晴らしいです。

2023BY、酒米:奈良県宇陀産秋津穂 (生産者:辻本博司)、精米歩合:22%、アルコール:14度、酵母:7号系、菩提酛、無濾過無加水生酒、発酵日数32日、秋仕込タンク

 

720ml 3,300円(税込10%)

 

風の森 ALPHA 2 この上なき華

風の森 ALPHA 2 この上なき華labelbacklabeltag

 

風の森 ALPHA 1 次章への扉

香りはバナナにブドウをミックスしたフルーツ香で、含むとキメ細かい酸が軽快に広がる素晴らしい傑作酒です。

風の森ALPHA1次章への扉秋仕込み新酒が入荷しました。

香りはバナナにブドウをミックスしたフルーツ香で、含むとキメ細かい酸が軽快に広がり、後からフルーツ感のある甘味がふくらみます。アフターは甘酸っぱい余韻が長く続き素晴らしいです。
二口目はフルーツ感のある甘味が酸と広がる軽やかな飲み口が良いです。
温度が上がるとしなやかな果実味に程良く酸が広がり素晴らしいです。

二杯目はシルキーな酸と甘味のバランスの良い飲み口にシュワーっとした微発泡感が広がりフィニッシュへ向かう素晴らしい味わいです。やがて甘味の中に酸の効いた飲み口になり、温まると軽快な酸が出てきます。

 

2023BY、酒米:奈良県都祁(つげ)産秋津穂、(栽培者:石田正春)、精米歩合:70%、アルコール:14度、酵母:7号系、無濾過無加水生酒、菩提酛、発酵日数32日、秋仕込タンク

 

720ml  1,496円(税込10%)

風の森 ALPHA 1 次章への扉

風の森 ALPHA 1 次章への扉labelbacklabeltag

 

風の森 ALPHA 1 夏の夜空

バナナにバニラをミックスしたフルーツ香でキュートなフルーツ感を伴って甘酸っぱく広がり爽やかに引いていく素晴らしいお酒です。

風の森ALPHA1夏の夜空が入荷しました。
夏の夜空は他のALPHAと同様に菩提酛仕込(ぼだいもと)みになりました。

開栓時プシューと勢いよく音を立てて開きました。盃に注ぐと内側に気泡がたくさん付着し浮き上がってきます。
香りはバナナにバニラをミックスしたフルーツ香で、含むとキュートなフルーツ感を伴って甘酸っぱく広がり爽やかに引いて、アフターは甘酸っぱい余韻が軽やかに続き素晴らしいです。
二口目は酸の切れとともに甘味がふくらみ、温度が上がると瑞々しく軽快な果実感が良いです。

二杯目は酸が前へ出てきて切れ良く広がり、次第に甘味が優しくキュートな表情を見せ、温度が上がると酸をベースに優しい甘味がふくらみます。

三杯目は酸が柑橘のニュアンスを帯びてきて、やがて酸は切れを増し味の中心を占めます。

飲み進むとフルーツフルな甘味がふくらみ酸は切れを抑えて甘味とバランスし、次第に甘味は優しさを帯びてきて、温まると優しい甘味と酸の広がりに軽やかさが加わります。

アルコール分が低いほど味の変化が速くなるため必ず冷蔵保存し、お早めにお召し上がりいただきますようお願いいたします。

2022BY、酒米:奈良県産秋津穂(契約栽培米)、精米歩合:70%、アルコール:11度、酵母:7号系、菩提酛、無濾過無加水生酒

 

500ml  1,320円(税込10%)

風の森 ALPHA 1 夏の夜空

風の森 ALPHA 1 夏の夜空labelbacklabeltag

 

風の森 ALPHA 5 Ver.7 燗SAKEの探求

香りはバニラやマスカットに酸をミックスした果実香で含むとシルキーな酸が先導し果実感のある甘味がふくらむ素晴らしいお酒です。

風の森ALPHA5Ver.7燗SAKEの探求が入荷しました。2022BYの新酒になります。
今年のALPHA5は菩提酛(ぼだいもと)で造られました。
水の代わりに一部10年古酒と昨年のALPHA5を注ぎ足して仕込んだ貴醸酒になります。

注ぐと色は濃い黄色です。
香りはバニラやマスカットに酸をミックスした果実香で、含むとシルキーな酸が先導し果実感のある甘味がふくらみ素直に引いて、アフターは爽やかな酸の余韻が続き素晴らしいです。
少し温まると優しい飲み口になり、さらに温めてやると甘味が強くなり存在感を主張します。

二杯目は酸と果実感を帯びた甘味がふくらみ、次第にしなやかな甘味をメインにシルキーな酸が広がります。ぐい呑みを人肌に温めてやると複雑味を感じるようになります。

三杯目になるとシルキーな酸にマスカットベースのフルーツフレーバーが広がり、やがてキメ細かい酸の効いた飲み口に優しい甘味が広がり、温まると果実味がしなやかになります。

杯が進むとキメ細かい酸をベースに甘味がふくらみ、温まると優しくしなやかな果実味が良いです。

「燗SAKEの探求」と題し35度前後を推奨していますが、お燗をつけるのは難しいためぐい吞みを手で温め人肌近くにして飲みました。

2022BY、酒米:奈良県産秋津穂、精米歩合:80%、アルコール:14度、酵母:7号系、無濾過無加水生酒、菩提酛、貴醸酒、夏タンク

 

720ml  1,798円(税込10%)

風の森 ALPHA 5 Ver.7 燗SAKEの探求

風の森 ALPHA 5 Ver.7 燗SAKEの探求labelbacklabeltag

 

 

   完 売 し ま し た 有 難 う ご ざ い ま し た

 

風の森 ALPHA 1 DRY 次章への鍵

酸を基調としたミカンやバナナにマシュマロのような香りが次々に立ち上がってきて、含むと酸を中心にほのかな甘味を伴って広がり、アフターはドライな余韻が続く素晴らしいお酒です。

通常のALPHA1よりDRYな設計をした菩提酛仕込みの「風の森ALPHA1DRY次章への鍵」が入荷しました。2023BYの新酒になります。

盃に注ぐと爽やかなフルーツ香がほのかに匂い立ちます。
香りは酸を基調としたミカンやバナナにマシュマロのような香りが次々に立ち上がってきて、含むと酸を中心にほのかな甘味を伴って広がり、アフターはドライなニュアンスの酸の余韻が長く続き素晴らしいです。
二口目はしなやかな飲み口にミカンのような酸とフルーツ香を含んだ甘味が広がり、温度が上がると甘味と酸のバランスが整い柑橘のミカンのような味わいが素晴らしいです。

二杯目は酸の効いた飲み口から、次第に酸はキメ細かくなり、温度が上がると甘酸っぱい柑橘の味わいになります。

三杯目になるとキメ細かい酸の効いた飲み口にフルーツ感を帯びた甘味がふくらみ、次第に甘味が増し甘酸っぱさに優しさを感じるようになり、温まると甘味がメインの味わいになります。

飲み進むと甘味が味の中心に座りキメ細かい酸が彩り、温まると甘酸っぱく軽やかな飲み口になります。

2023BY、酒米:奈良県都祁(つげ)産秋津穂、(栽培者:上田章博)、精米歩合:70%、アルコール:14度、酵母:7号系、無濾過無加水生酒、菩提酛、発酵日数32日、夏仕込タンク

 

お陰様で完売しました。

風の森 ALPHA 1 DRY 次章への鍵

風の森 ALPHA 1 DRY 次章への鍵labelbacklabeltate

 

風の森 ALPHA 3 世界への架け橋

ブドウにマスカットをミックスした爽やかなフルーツ香で優しい甘味にキメ細かい酸が寄り添い爽やかに引いていく素晴らしいお酒です。

2年ぶりに風の森ALPHA3世界への架け橋が入荷しました。
ALPHA3は輸出仕様のお酒で、風の森唯一の火入れ酒になります。ANAの機内搭載酒にもなっています。

火入れのお酒ですがプシューとガス圧を感じて開きました。
香りはブドウにマスカットをミックスした爽やかなフルーツ香で、含むと優しい甘味にキメ細かい酸が寄り添い爽やかに引いて、アフターは甘酸っぱい余韻が続き素晴らしいです。
二口目は極微発砲な酸に厚みのある果実味がふくらみ、温度が上がるとシルキーな酸を含んだ果実味のミディアムな飲み口が良いです。

二杯目はキメ細かい酸が切れを増し、酸の効いた飲み口になります。

三杯目になるとキメ細かい酸に甘味が程良く広がり、温まるとスイートでクリーミーな甘味がふくらみ素晴らしいです。

杯が進むとシルキーな酸に増した甘味がふくらみ、次第に滑らかで輝きのあるノーブルな味わいになり素晴らしいです。温まると瑞々しく滑らかな飲み口になります。

火入れ酒ですが生酒のようなフレッシュでライブ感にあふれたお酒です。

2022BY、酒米:奈良県宇陀(うだ)産秋津穂 栽培者辻本博司、精米歩合:50%、酵母:7号系、アルコール:14度、無濾過無加水火入酒、発酵日数32日、夏タンク

 

お陰様で完売しました。

風の森 ALPHA 3 世界への架け橋

風の森 ALPHA 3 世界への架け橋labelbacklabeltate

 

風の森 ALPHA 8 大地の力

香りは巨峰のような深い果実香で微発砲感を伴った甘酸っぱい飲み口に後から穀物フレーバーがふくらみ後口にハッサクオレンジのような柑橘のフレーバーを感じる素晴らしいお酒です。

日本酒では唯一無二、焙煎した玄米100%で仕込んだ、「風の森ALPHA8大地の力」が入荷しました。

今年は一層バージョンアップし、玄米使用率が100%になりました。
さらに仕込み方法を変更し、また他のALPHAと同じく菩提酛により造られました。

香りは巨峰のような深い果実香で、含むと軽い穀物香が広がり甘酸っぱい飲み口でゆっくりと引いて、アフターは穀物テイストの甘酸っぱい余韻が続き素晴らしいです。
二口目になるとまろやかな甘味の後から軽く穀物フレーバーが広がり、温度が上がると軽い穀物香に果実感のある甘酸っぱい飲み口になります。

二杯目は微発砲感を伴った甘酸っぱい飲み口に後から穀物フレーバーがふくらみ、後口にハッサクオレンジのような柑橘のフレーバーを感じ素晴らしいです。温度が上がると甘味が増し果実感が濃くなり、アフターフレーバーに感じるハッサクオレンジの香りが良いです。

三杯目になると甘酸っぱさに穀物フレーバーが軽やかに広がり、温まると甘味が増し果実感のある飲み口になります。

杯が進むと甘味に酸味と穀物フレーバーがバランス良く広がり果実味が深くなり、最後にフワッとふくらむフルーツ感が素晴らしいです。温まると艶のある飲み口になります。

嫌味の無い穀物フレーバーは軽やかさを感じ、飲みにくさはありません。
ブドウの香りや、ハッサクオレンジのようなアフターフレーバーは果実感にあふれ、玄米で仕込んだお酒とは思えない素晴らしい味わいです。

2022BY、酒米と精米歩合:奈良県産秋津穂玄米100%、アルコール:14度、菩提酛仕込み、無濾過無加水生酒、秋タンク

 

お陰様で完売しました。

風の森 ALPHA 8 大地の力

風の森 ALPHA 8 大地の力labelbacklabeltag

 

風の森 ALPHA 6 6号への敬意 真中採り

栓を開けた瞬間にフルーティな香りが漂ってきます。マスカットやメロンをミックスしたフルーツ香で、含むと厚みのある果実味がふくらみ酸はシルキーに広がるノーブルな飲み口が素晴らしい傑作酒です。

新政酒造さんから分けていただいた6号酵母を使用した、風の森ALPHA66号への敬意真中採りが入荷しました。
真中採りバージョンはメタルタグ付きになります。

真中採りとは、搾り機の圧をかけずに滴り落ちる部分で、口当たり柔らかく香り豊かなお酒です。

栓を開けた瞬間にフルーティな香りが漂ってきます。
香りは爽やかなマスカットやメロンをミックスしたフルーツ香で、含むと厚みのある果実味がふくらみ酸はシルキーに広がるノーブルな飲み口で、アフターは甘酸っぱい余韻が長く続き素晴らしいです。
二口目は柔らかい口当たりのスイートな果実味がふくらみ、温度が上がると厚みのある甘味が滑らかにノドへと落ちていく素晴らしい味わいです。

二杯目はキメ細かい酸がメインの飲み口になり、やがてシルキーな酸にスイートな甘味がふくらみ、温度が上がると滑らかで厚みのある味わいになります。

三杯目になるとキメ細かい酸が効いた飲み口から、スイートで優しい甘味がふくらみ、温まると甘味が厚みを帯びてきます。

飲み進むとクリーミーな甘味がふくらみ、甘酸っぱいスイートな味わいがファンタスティックで素晴らしいです。温まるとシルキーな酸をベースに甘味が大きくふくらみます。

アルコール14度の低アルコールタイプですが、ボリューム感のある飲み口は菩提酛ならでは、シルキーな酸は白麹由来の素晴らしい味わいです。

2022BY、酒米:奈良県産契約栽培米秋津穂、精米歩合:66%、アルコール:14度、酵母:6号酵母、無濾過無加水生酒、菩提酛、白麹使用、発酵日数32日、真中採り、冬仕込タンク

入荷数が少ないためお一人様1本限りといたします。 また1世帯1本までとします。

 

お陰様で完売しました。

風の森 ALPHA 6 6号への敬意 真中採り

風の森 ALPHA 6 6号への敬意 真中採りlabelbacklabeltag

 

風の森 ALPHA6 6号への敬意

マスカットやブドウをミックスした酸を感じるフルーツ香で、含むとフルーツ感のある甘味がふくらみ後から極微細な酸が広がる素晴らしい傑作酒です。

新政酒造さんから分けていただいた風の森で唯一6号酵母を使用した、風の森ALPHA66号への敬意(通常バージョン)が入荷しました。
今年は改良を加え(白麹使用など)昨年に比べ進化した味わいになっています。
6号酵母にちなみ契約栽培米秋津穂を66%精米しています。

香りはマスカットやブドウをミックスした酸を感じるフルーツ香で、含むとフルーツ感のある甘味がふくらみ後から極微細な酸が広がり、途中からクリーミーなニュアンスのフレーバーが立ち上がります。アフターは甘酸っぱい余韻が長く続き素晴らしいです。
二口目はクリーミーで優しい甘味にシルキーな酸が広がり、温度が上がるとシルキーで爽やかな酸にバランス良く甘味が乗り、甘酸っぱく軽快な飲み口が素晴らしいです。

二杯目は酸が前へ出た飲み口になり、やがて甘味がふくらみ極微細な酸とのバランスが良くなり、温度が上がると艶と厚みのある柔らかいノーブルな味わいが素晴らしいです。

三杯目になると青い酸が効いた飲み口になり、次第に酸が広がる中に甘味がふくらんできて、温まるとキメ細かい酸にふくよかな甘味がふくらみます。

飲み進むとクリーミーさを感じる甘味にシルキーな酸が広がり、次第に甘味が厚みを帯びてきてキメ細かい酸がバランスを取ります。温まるとしなやかで甘酸っぱい飲み口が美味しいです。

2022BY、酒米:奈良県産契約栽培米秋津穂、精米歩合:66%、アルコール:14度、酵母:6号酵母、無濾過無加水生酒、菩提酛、白麹使用、発酵日数32日、冬仕込タンク

入荷数が少ないためお一人様1本限りといたします。 また1世帯1本までとします。

 

お陰様で完売しました。

風の森 ALPHA 6 6号への敬意

風の森 ALPHA 6 6号への敬意labelbacklabeltag

 

ALPHA 風の森 TYPE 4

オリの優しい含みとバランスの整った飲み口で極上のふくらみと品の良い余韻が続く素晴らしい味わいです。

採れる量があまりにも少ないため今や超幻の酒となったALPHA風の森TYPE4が入荷しました。

ALPHA 風の森 シリーズのTYPE4は革新的な日本酒分離技術「氷結採り」により搾り機を使わず日本酒と酒粕を分離した日本酒です。

今回のTYPE4はにごり仕様で、開栓時栓が浮き上がるように開きましたので開栓は気をつけてください。

栓が開くと芳しいフルーツ香が漂ってきます。
盃に注ぐとかなりにごっています。
香りはオリの香りと品の良いフルーツ香で、含むとオリの優しい含みにバランスの整った飲み口と少しねっとりとした感触で、極上のふくらみと品の良い余韻が続き素晴らしい味わいです。
二口目はビロードのような舌触りで甘酸っぱい味わいから、温度が上がるとしなやかな飲み口にわきまえながら酸が広がります。

二杯目はシルキーなオリ味にキメ細かい酸が広がり、次第に優しさが加わるとオリ味とほのかな甘味の優しい飲み口が良いです。

三杯目になると甘味が増しオリ味に少し冷涼感を感じ始め、少し温度が上がるとフワフワのオリ味に甘くふくらみ美味しいです。

杯が進むと甘味とオリ味と香りが合わさりゴージャスな味わいになり、やがて酸とオリ味の効いた中に香りがふくらみ、温まると甘味に優しさを感じるようになります。

購入されましたお酒は品質保持のため必ず冷蔵保存しお早めにお召し上がりくださるようお願いいたします。
採れる量が少ないため今回値上げになっております。

2019BY、酒米:奈良県御所産秋津穂(辻本博司)、精米歩合:22%、酵母:7号系、アルコール:16度、無濾過無加水生酒、発酵日数32日、純米大吟醸、氷結採り

 

お陰様で完売しました。


ALPHA 風の森 TYPE 4labelbacklabel

 

風の森は、無濾過無加水生酒のため、瓶底にオリの沈殿が見られたり、炭酸ガスが溶存していることがありますが、これは無濾過無加水酒ならではの味わいです。無濾過無加水酒の醍醐味をお楽しみください。

 

ページトップへ

 

ご注文は、当店ショッピングサイトにてご注文ください。

ご注文についてを参照ください。

 

※当店では、未成年者へのお酒の販売は行っておりません。