日本酒専門店

Sake芯

油長酒造株式会社

 

 

ALPHA 風の森 シリーズ

 

ALPHA 風の森 シリーズは通常の風の森とは異なり、タイプごとにテーマを掲げ独創的な技術で可能性を追求するブランドです。

ALPHA風の森を飲めば日本酒の未来が見える。

今もっとも最先端の日本酒がALPHA風の森です。


TYPE1から夏の夜空 まで7つのタイプがあります。

 

TYPE1
テーマは「次章への扉」
アルコール度数を低く設計しながら、味わいのボリューム感や果実感を損なわないように醸造した日本酒です。

 

TYPE1DRY

従来のTYPE1より甘さを抑えたDRY設計になっています。

 

TYPE2
テーマは「この上なき華」
高精白をテーマとしたお酒で、奈良県産の契約栽培米秋津穂を22%まで精米した日本酒です。

 

TYPE3
テーマは「世界への架け橋」
火入れ酒で生酒らしさを追及したお酒で、火入れではありますが風の森らしい発泡感とフレッシュでライブ感あふれる日本酒です。

 

TYPE4
テーマは「新たなる希望」
「氷結採り」という独自開発の革新的な日本酒分離技術で、機械類を使用せずタンク内で清酒と酒粕に分離する技術により造られた日本酒です。

 

TYPE5
テーマは「燗SAKEの探求」
温める事による味の変化を楽しめるお酒を造るため、乳酸発酵の利用と貴醸酒仕込を行い複雑味と幅を持たせた日本酒です。

 

夏の夜空
TYPE1をさらにアルコール分を12%まで低くした夏向きの爽やかな日本酒です。

 

氷結採り(ひょうけつとり)


氷結採りとは油長酒造さんが独自に設計した発酵タンクでモロミ中の微生物の働きをコントロールすることで、モロミを日本酒と酒粕に分離する技術です。
例えば活性酒は栓を開けなければ密閉されたビンの中で比重の重いオリの部分は沈殿し比重の軽い上澄みの部分が分離しています。
このような状態をタンクの中でつくりだし、上澄み部分を分離すればオフフレーバーが付着しやすい機械器具類を一切使用することなく日本酒を分離できる革新的な技術です。

この革新的な技術により造られたALPHA風の森TYPE4は「新たな希望」と名づけられました。

 

双醸モト(そうじょうもと)

双醸モトは油長酒造が独自に考案した酒母で天然の乳酸発酵を利用しています。乳酸発酵を行う工程と、その後に風の森7号酵母を育成する2つの工程により酒母を育てることから 双醸モトと名づけました。双醸モトは生モトや山廃モトとは全く異なる乳酸菌です。TYPE 5で行われている仕込方法です。

 

 

油長酒造ホームページ

酒千蔵野社屋

玄関菰樽杉玉タンク

 

 

 

 

 ALPHA風の森

ALPHA 風の森  商品一覧

 

ALPHA 風の森 TYPE 5 Ver.3.5 生

丸い甘味がふくらんで酸は少し感じる程度アフターは果実感のある穏やかな甘味の余韻が続く素晴らしいお酒です。

ALPHA風の森TYPE5の生バージョンが入荷しました。
TYPE5は乳酸発酵を行う双醸モトと「しおり」方式を応用した貴醸酒仕込で仕込まれたお酒です。

生酒のためプシューッと音がして開栓しました。
香りはバニラや梅のような酸を感じる香りで、含むと丸い甘味がふくらんで酸は少し感じる程度で、穏やかに広がり優しく引いて、アフターは果実感のある穏やかな甘味の余韻が続き素晴らしいです。
二口目は甘味が増し味の中心に座ると、酸や苦味を散りばめてふくらみ、温度が上がると優しさが増し果実味が穏やかにふくらんでアフターは苦味が余韻となり味を引き締めます。

二杯目は甘味をメインにかすかな苦味のニュアンスが陰影のある味わいにしています。
温度の上昇とともに果実感のある甘味がふくらんできます。

三杯目は酸が効きだして爽やかな味わいで、次第に甘味が前へ出てくると果実感のある甘酸っぱい味わいになり、温度が上がると滑らかで優しくキュートな甘味のふくらみが素晴らしいです。

杯が進むと、甘味の効いた甘酸っぱくバランスの良い味わいから、酸を含んだ甘味が広がり、温まると甘くしなやかな飲み口になります。

 

2018BY、酒米:奈良県産秋津穂、精米歩合:65%、アルコール:15度、無濾過無加水生酒、天然乳酸発酵利用の双醸モト、「しおり」方式を応用した貴醸酒仕込

 

720ml  1,620円(税込)

ALPHA 風の森 TYPE 5 Ver.3.5 生

ALPHA 風の森 TYPE 5 Ver.3.5 生labelbacklabelkatahari

 

ALPHA 風の森 TYPE 1

フェミニンなバニラアイス香がふくらんだ後に酸も広がってアフターはほのかな苦味を含んだグレープフルーツのような甘酸っぱい余韻が続く素晴らしいお酒です。

香りはバニラやバナナの甘酸っぱいさわやかな香りで、含むとフェミニンなバニラアイス香がふくらんだ後に酸も広がって、アフターはほのかな苦味を含んだグレープフルーツのような甘酸っぱい余韻が続き素晴らしいです。
二口目は果実味のある甘味と香りがふくらんできて、温度が上がると甘味が増し優しい飲み口でふっくらとふくらみます。

二杯目はシュワーッとした微発泡感に甘酸っぱい味わいから、少し酸の効いた甘酸っぱく軽やかな飲み口で、温度が上がると優しく柔らかくなります。

三杯目になると発泡感が強くなりシュワッと広がり、バランスの良い飲み口から酸を基調とした味わいになり、温まるとしなやかで甘酸っぱく優しい飲み口が良いです。

杯が進むと発泡感に酸や甘味がバランス良く広がり、次第に優しい果実味を感じるようになります。

香りに甘味や酸が効いた存在感は低アルコール酒とは思えない味わいです。

2018BY、酒米:奈良県産秋津穂、精米歩合:65%、アルコール:14度、酵母:7号系、無濾過無加水生酒、発酵日数32日

 

720ml  1,242円(税込)

ALPHA 風の森 TYPE 1 新酒

ALPHA 風の森 TYPE 1 新酒labelbacklabel

 

ALPHA 風の森 TYPE 2

氷温で管理したため今味が乗ってきています。22%精米のクオリティを感じさせる繊細で気品のある香りと凛とした品の良い飲み口が素晴らしいお酒です。

ALPHAは独創的な技術で日本酒の可能性を追求するシリーズで「この上なき華」と名付けられたTYPE2のテーマは高精白、奈良県産の契約栽培米秋津穂を22%まで精米したお酒です。

栓を開けると芳しいフルーツ香が漂ってきます。
香りは爽やかで繊細な気品のある香りで、含むと香りを先頭に甘味や酸がバランス良く広がった後に感じる、凛とした気品のある飲み口が素晴らしいです。アフターは酸や果実の余韻でフィニッシュします。
二口目は厚みのある甘味が緑の酸を伴って大きくふくらみ、温度が上がると優しい果実味にほのかにミンティなフレーバーが広がります。

二杯目はミンティなフレーバーが微発泡感を伴って広がり、やがて優しい甘味に果実味を感じるようになり、温まると柔らかく優しいしなやかな飲み口が良いです。

三杯目になるとシュワーッとした発泡感が広がり、次第に果実味がしなやかさを帯びてきます。

杯が進むと発泡感が強くなり後から甘味が押してきます。やがて増した甘味を中心に広がる果実感が良いです。

氷温で管理したため今味が乗ってきています。22%精米のクオリティを感じさせる繊細で気品のある香りと凛とした品の良い飲み口が素晴らしいです。

2018BY、酒米:奈良県産秋津穂(契約栽培米)、精米歩合:22%、アルコール:16度、酵母:7号系、無濾過無加水生酒、発酵日数35日、純米大吟醸

 

720ml  3,240円(税込)

ALPHA 風の森 TYPE 2

ALPHA 風の森 TYPE 2labelbacklabelkome

 

ALPHA 風の森 TYPE 3

氷温で熟成したためマスカットや洋梨などの香りが強くなり旨味も増し今素晴らしい状態です。

ALPHA風の森TYPE3は「世界への架け橋」と題され全日空ANAの機内にて提供されている輸出仕様のお酒です。

火入のお酒ですがプシューッと音がし生のようなガス感があります。
栓を開けるとマスカットの芳しい香りが辺りに漂ってきます。
香りはマスカットや洋梨が混じった品の良い優雅な香りで、含むと柔らかい甘味と香りが丸くふくらみ発泡感も広がってシュワーとした飲み口で、アフターは酸の余韻でフィニッシュする素晴らしい味わいです。
二口目は滑らかでキュートなバナナのような味わいになり、温まってくるとフルーツ感を帯びた柔らかく丸い甘味が素晴らしいです。

二杯目は酸と発泡感が強くなりシュワーとした飲み口からキュートな香りを含んだ甘味がふくらみ、温度が上がってくるとしなやかな酸に甘味が乗り品の良い果実感が素晴らしいです。

三杯目になるとキュートな甘味をベースに酸が広がり、次第にバランスが良くなり、温度の上昇とともに果実感はさらに高くなります。

杯が進むと発泡感を中心にした飲み口からふくらむしなやかな果実味が素晴らしいです。温まってくると優しくしなやかになります。

生酒と思うようなイキイキとしたライブ感あふれる今最も進化した火入れ酒がALPHA風の森TYPE3です。
氷温で熟成したため旨味が増し素晴らしい状態でお勧めです。

2018BY、酒米:奈良県産秋津穂、精米歩合:50%、酵母:7号系、アルコール:14度、無濾過無加水火入酒、発酵日数32日

 

720ml  1,944円(税込)

ALPHA 風の森 TYPE 3

ALPHA 風の森 TYPE 3 labelbacklabel

 

 

 

   完 売 し ま し た 有 難 う ご ざ い ま し た

 

ALPHA 風の森 TYPE 1 DRY

シュワーッとした発泡感に香りが広がりアフターは爽やかな酸の余韻が続く素晴らしいお酒です。

限定醸造のALPHA風の森TYPE1DRYが入荷しました。2回目のTYPE1DRYは昨年より爽やかなDRY設計になっています。

プシューッと音がして開きました。
香りは果実感のあるバニラ香で、含むと発泡感が広がって、途中洋梨のような香りが顔を出し、アフターは爽やかな酸の余韻が続き素晴らしいです。
二口目は微発泡感のあるシュワーッとした酸が広がり、アフターは苦味の余韻でフニッシュするドライな飲み口、温度が上がってくると甘味がふくらみ果実を含んだフルーツフルな味わいが素晴らしいです。

二杯目は爽やかな発泡感とふくらむ甘味がメロンソーダのようです。次第に軽快な酸とキュートな甘味がコラボし、温度が上がるとバニラクリームのような甘味がふくらんできます。

三杯目になると甘味を包んだ酸が発泡感におおわれて切れていき、やがてしんなりとした甘酸っぱい飲み口になります。

杯が進むと酸と発泡感に甘味が共演し、やがてバニラアイス香がふくらむ厚さを感じるミディアムな飲み口になり、温度が上がると甘味が増しバナナフレーバーが香ってきます。

 

酒米:奈良県産秋津穂、精米歩合:65%、アルコール:14度、無濾過無加水生酒

 

お陰さまで完売しました。

720ml  1,242円(税込)

ALPHA 風の森 TYPE 1 DRY

ALPHA 風の森 TYPE 1 DRY labelbacklabel

 

ALPHA 風の森 夏の夜空

果実感の強い香りとガーリッシュな甘味は12度の低アルコール酒と思えない存在感充分な素晴らしいお酒です。

ボトルには真夏の風の森峠に輝くさそり座をデザインした風の森の夏酒、ALPHA風の森夏の夜空が入荷しました。

プシューッと音がして開栓しガス圧はかなり強いです。
盃に注ぐと芳しい香りが立ち上がってきます。果実感の強いバニラやマンゴーなどの混ざった香りで、 含むとふくらむ果実香に発泡感が広がりしなやかに切れていき、存在感充分な素晴らしい味わいです。
二口目はガーリッシュな香りに甘味がふくらみ、温度が上がると優しいフルーツの果肉がタップリ詰まったフルーツフルな味わいが素晴らしいです。

二杯目は発泡感が強くなりシュワーとした飲み口で、次第にキメ細かい発泡感に甘味がふくらみ、温度が上がると酸が出てきて甘酸っぱい飲み口になります。

三杯目は酸の切れを感じ、シュワッとした軽快な発泡感にしなやかな甘味が広がります。
温度が上がってくるとしなやかな果実味を感じるようになります。

杯が進むと香りにクリーミーなニュアンスを感じるようになり、発泡感とクリーミーなフレーバーが広がり、温まると優しくしなやかな果実味が良いです。

アルコール分が12度と低いため必ず冷蔵保存し、美味しく飲んでいただくため8月中にはお召し上がりいただきますようお願いいたします。

2018BY、酒米:奈良県産秋津穂(契約栽培米)、精米歩合:65%、アルコール:12度、酵母:7号系、無濾過無加水生酒

 

お陰さまで完売しました。

720ml  1,242円(税込)

ALPHA 風の森 夏の夜空

ALPHA 風の森 夏の夜空labelbacklabel

 

ALPHA 風の森 TYPE 5 Ver.2

極ぬる燗で素晴らしいパフォーマンスを発揮し冷でも香りと微炭酸を楽しめるお酒です。

独創的な技術で日本酒の可能性を追求するブランドALPHA風の森TYPE5のバージョン2が入荷しました。
Ver.2はTYPE 5 をTYPE 5 で重ねる。
今回のVer.2 では仕込みに用いる日本酒に、前回醸造のALPHA 風の森TYPE 5 を9年古酒と共に用いて貴醸酒スタイルで仕込まれています。今後TYPE5は少しずつ前回のTYPE5を重ねていく事で、味わいの奥行を紡ぎだしていきます。

TYPE5のテーマは「燗SAKEの探求」
古来の仕込方法を応用した天然乳酸仕込、乳酸菌の紡ぎだす酸とアミノ酸が、酒質に複雑味と幅を与えます。

火入れされたお酒ですがプシューッと音がして開栓しました。
香りはクリーミーなレモンカード様のバニラアイス香で、含むと微炭酸のキメ細かい酸と優しい甘味がふくらみ、クリーミーな香りとともに穏やかにアフターへと続き素晴らしい味わいです。温度が上がると甘酸っぱく優しい味わいになります。

二杯目は微発泡感を伴った酸が広がり、アフターはクリーミーな香りがほのかに立ち上がります。温度が上がってくると優しくフェミニンな香りとクリーミーな飲み口の甘酸っぱい味わいになります。

三杯目は燗をつけてみます。少し熱燗では優しくてクリーミーな味わいにアフターの軽やかな飲み口になります。少し冷めた状態のぬる燗では乳酸のクリーミーで優しい飲み口が素晴らしく、さらに冷めると少し苦味を伴ったしなやかな飲み口になります。

再び冷酒で飲みますとしなやかさとほのかな苦味のある甘酸っぱい味わいで、温度が上がってくると優しさを含んだ甘酸っぱさがしなやかに広がる素晴らしい味わいになります。

極ぬる燗で素晴らしいパフォーマンスを発揮し、冷でも香りと微炭酸を楽しめるお酒です。

2017BY、酒米:奈良県産秋津穂、精米歩合:65%、アルコール:15度、無濾過無加水火入酒、発酵日数32日、天然乳酸発酵、貴醸酒仕込

 

お陰さまで完売しました。

ALPHA 風の森 TYPE 5 Ver.2

ALPHA 風の森 TYPE 5 Ver.2labelbacklabelkatahari

 

ALPHA 風の森 TYPE 4

レベルの違う軽やかな口当たりにキメ細かい酸と優雅にふくらむ甘味が織り成す品位の高い味わいが素晴らしいお酒です

ALPHA 風の森 シリーズのTYPE4は革新的な日本酒分離技術「氷結採り」により搾り機を使わず日本酒と酒粕を分離した日本酒です。

今回のTYPE4は薄にごり仕様で、開栓時プシュースポッとガス圧で栓が浮き上がるように開きましたので、発泡感が非常に強いため開栓は布か紙をあてがって開栓してください。
盃に注ぐと優雅な香りが漂ってきます。
香りは穏やかなバニラ系の香りで、含むと発泡感に包まれた甘味と酸が広がり、穏やかに引いていく品の良い味わいが素晴らしいです。
二口目は滑らかで艶を伴った果実味が優雅にふくらむ素晴らしい味わいです。温度が上がってくるとエッグタルトテイストの甘味が優しくふくらみます。

二杯目はオリを絡めて飲んでみると、オリの冷涼感が作用しシュワーッとした口当たりでふくらむしなやかなオリ味がふくよかさを感じさせ美味しいです。
二口目は冷涼感のあるオリ味に柔らかい飲み口でふくらみ、温度が上がると優しく柔らかくなります。

三杯目になると微発泡感にキュートな香りと甘味がふくらむエレガントな飲み口で、次第にフワーッとした優しいファンタスティックな味になります。

杯が進むと発泡感を伴った甘味が品良くふくらみ、温度が上がると優しいフワッとした浮遊感のあるふくらみが素晴らしいです。

日が経つとレベルの違う軽やかな口当たりにキメ細かい酸と優雅にふくらむ甘味が織り成す品位の高い味わいが素晴らしいです。

購入されましたお酒は品質保持のため必ず冷蔵保存し2月中にお召し上がりくださるようお願いいたします。

2018BY、酒米:奈良県産秋津穂、精米歩合:22%、酵母:7号系、アルコール:16度、無濾過無加水生酒、発酵日数35日、純米大吟醸、氷結採り

 

ごく少量3本のみ入荷した超限定酒につき、お一人様1本限りとさせていただきます。

 

お陰さまで完売しました

720ml 5,400円(税込)

ALPHA 風の森 TYPE 4

ALPHA 風の森 TYPE 4labelbacklabel

 

ALPHA 風の森 TYPE 5

天然乳酸仕込と貴醸酒スタイルで仕込まれたお酒は乳酸のまろやかさにクリーミーな香りと甘味が紡ぎだす味わいが素晴らしいお酒です。

独創的な技術で日本酒の可能性を追求するブランドALPHA風の森の新商品TYPE5が入荷しました。

TYPE5のテーマは「燗SAKEの探求」
温めることで味の変化を楽しんでいただくため、古来の仕込方法を応用した天然乳酸仕込と仕込水の一部に9年古酒を入れて仕込む貴醸酒スタイルで仕込まれたお酒です。

火入れされたお酒ですがやはり風の森です開栓時プシューッと音がして開きました。
開栓後は濃いフルーツ香が漂ってきます。
お酒の色は濃い黄色で、香りはバニラのクリーミーな香りにドライフルーツ香がかすかに含まれます。
含むと微発泡感のあるクリーミーなバニラアイス香がふくらみ、以外に軽快な飲み口で、アフターも軽く穏やかな余韻が続き美味しいです。貴醸酒スタイルのお酒ですが風の森らしさはしっかりと感じます。
少し温度が上がってくるとクリーミーで鮮烈な香りが立ち上がり素晴らしいです。
室温になると乳酸のまろやかさにクリーミーな香りと甘味が紡ぎだす味わいが何とも言えず良いです。

二杯目は酸が味の中心を占め、バランスを取るかのようにフルーツを含んだ甘味がふくらんできます。 やがて穏やかな甘味がクリーミーな香りをまとって優しくふくらみ、温まると丸くまろやかな味わいになり素晴らしいです。

三杯目は燗をつけてみます。丸いサーモメーターのシールを磁器のぐい呑みに貼り燗をつけるとシールがピンクに変わります。
燗をつけると酸が出てきて軽い味わいになり、少し冷めてくると甘味がふくらんできて、室温近くになると柔らかいクリーミーな甘味が味わえます。

次はまた冷で飲んでみると、微発泡感にクリーミーな甘味と酸の切れが素晴らしいです。

冷で飲めばクリーミーな香りと甘味が素晴らしく、燗をつけると酸味を感じ、様々な温度帯で楽しめるお酒です。

2017BY、酒米:奈良県産秋津穂、精米歩合:65%、アルコール:15度、無濾過無加水火入酒、発酵日数33日、天然乳酸仕込

 

お陰さまで完売しました

ALPHA 風の森 TYPE 5

ALPHA 風の森 TYPE 5labelbacklabelthermo-meter

 

 

風の森は、無濾過無加水生酒のため、瓶底にオリの沈殿が見られたり、炭酸ガスが溶存していることがありますが、これは無濾過無加水酒ならではの味わいです。無濾過無加水酒の醍醐味をお楽しみください。

 

ページトップへ

 

ご注文は、当店ショッピングサイトにてご注文ください。

なお、メールとFAXでのご注文も承っております。 sake-sin@rg7.so-net.ne.jp

ご注文についてを参照ください。

ショッピングサイトに掲載してない商品につきましては、直接メールにてお問い合わせ下さい。

 

※当店では、未成年者へのお酒の販売は行っておりません。