日本酒専門店

Sake芯

光栄菊酒造株式会社

 


「光栄菊」は佐賀県のニューブランド 

 

光栄菊酒造は佐賀県小城市に古くからあった蔵で長年休眠していました。

現光栄菊酒造の代表取締役日下社長は、まったくの異業種から酒造業に転じ、休眠中の旧光栄菊酒造を引き継ぎ、山本杜氏を招聘して佐賀県小城市で酒造りがスタートしました。

光栄菊のラベルは新たにデザインしたもの、三日月が印象的なラベルで、三日月は光栄菊のある小城市三日月町にちなんだもの。

男たちの夢が今小城の空に羽ばたきました。
新たな旅立ちをしたニューブランド「光栄菊」どうぞ応援よろしくお願いします。

 

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

光栄菊(こうえいぎく) 商品一覧

   

光栄菊 Hello!KOUEIGIKU

バニラやバナナにマスカットが合わさった愛山らしい品の良さを感じさせる香りとミクロの酸が広がる甘酸っぱい飲み口が素晴らしいお酒です。

光栄菊の第2弾愛山を使用したHello!KOUEIGIKU が入荷しました。
このお酒もオリが沈殿したうすにごりのお酒になります。

盃に注ぐと芳しい香りが漂ってきます。
香りはバニラやバナナにマスカットが合わさった愛山らしい品の良さを感じさせる香りで、含むとミクロの酸が広がる甘酸っぱい飲み口で引いていき、アフターの品の良い果実の余韻が続く素晴らしい味わいです。
二口目は甘味が前へ出てきてキウイやバナナのミックスしたフレーバーとともに甘酸っぱくふくらみ、温度が上がると甘味が増し果実感がふくらむジューシーな味わいです。

二杯目は酸の効いたしなやかなフルーツ感からクリーミーなニュアンスを含んだ甘味が広がり、やがてしなやかな飲み口の底にほのかにクリーミーなテイストを感じます。

三杯目になると切れ上がる酸に追従して甘味と香りが広がり、フレッシュな酸とクリーミーなフルーツ香の競演が素晴らしいです。

杯が進むと酸がしなやかに伸びて甘味のふくらみが大きくなり、温まると初々しい飲み口になります。

愛山の特徴である品の良さを十分に発揮させ、伸びやかな初々しい飲み口が素晴らしいお酒です。

幾多の困難を乗り越えて今結実した光栄菊、奇跡の雫をぜひご賞味ください。

 

2019BY、酒米:兵庫県産 愛山、精米:50%、アルコール:14度、無濾過生原酒

 

お陰様で完売しました。

720ml  2,420円(税込10%)

1800ml 4,400円(税込10%)

7201800labelbacklabel

 

光栄菊 SNOW CRESCENT

初めての土地で初めての水と初めての機械設備でこの味は奇跡だ

光栄菊の第1弾はうすにごりのSNOW CRESCENTです。

オリが3ミリほど沈殿したうすにごりのお酒になります。

盃に注ぐとフルーティな香りが漂ってきます。
香りはバナナやバニラが混じったフルーティな香りで、含むと甘い香りと酸が際立ちながら広がり途中で香りがふくらんで、最後は酸の切れを感じ、アフターの爽やかな酸の余韻が続く素晴らしい味わいです。
二口目は甘味がふくらみ甘酸っぱい味わいになり、温度が上がるとキメ細かな酸としなやかな果実味が良いです。

二杯目は酸の際立つ中を香りがふくらみ、後から感じるバランスの良いしなやかな果実感が素晴らしいです。温度が上がると軽やかな飲み口になります。

三杯目になると酸の切れを感じ、次第にしなやかで爽やかな果実味を感じるようになり、温まると酸の効いた甘酸っぱいフルーツ感が良いです。

杯が進むと酸を中心にふくらむ果実味が切れを感じ、やがてキリッとした酸にバナナフレーバーがふくらみ、温まるとフルーツ香が大きくふくらみ果実味にあふれた飲み口でアフターのしなやかな余韻も素晴らしいです。

やはり山本杜氏にブレはありませんでした。初めての土地で初めての水と初めての機械設備でこの味は奇跡です。

今回は1800mlのみの入荷です。

2019BY、酒米:富山県産 雄山錦、精米:70%、アルコール:14度、無濾過生原酒

 

お陰様で完売しました。

光栄菊 SNOW CRESCENTlabelbacklabel

 

 

ページトップへ

 

ご注文は、当店ショッピングサイトにてご注文ください。

なお、メールとFAXでのご注文も承っております。 sake-sin@rg7.so-net.ne.jp

ご注文についてを参照ください。

 

※当店では、未成年者へのお酒の販売は行っておりません。